消化器病センター

当院では消化器疾患に対して、より質の高い医療を迅速かつ適切に提供することを目的として、消化器病センターを設立しました。
当センターでは、従来の内科・外科といった診療科の垣根を超えて、それぞれの専門医師がお互い協力しながらチームで患者さんの診療にあたっていきます。これまで消化器疾患に関して(おなかの調子が悪いなど消化器系の病気を心配しておられる時に)どの科を受診したらよいのか迷うこともあったかと思います。どのような消化器疾患に対しても対応できる窓口として、消化器病センターをご利用いただければ幸いです。

機能

  1. おなかにまつわる疾患を診療します
  2. 内科・外科の垣根を超えた専門チームで診療にあたっています
  3. 内視鏡検査は原則日帰りで対応します
  4. 多職種チームによる専門的な医療サービスを提供します

消化器病センター医師紹介

消化器内科

全消化管疾患に対応いたしますが、特にがんの診断・内視鏡治療、潰瘍性大腸炎やクローン病など炎症性腸疾患の診療に力を入れています。その他胃・大腸がん検診陽性者の精査や、消化管出血や腸閉塞などの救急対応も行います。

  • 部長:中村滋郎

  • 医長:永田豊

  • 村田征喜

  • 谷口義章

消化器内科はこちら

肝臓内科

当科は日本消化器病学会認定消化器病専門医、日本肝臓学会認定肝臓専門医を有した臨床経験豊富な3名で診療を行っております。診療対象は急性/慢性肝疾患や付随する肝硬変合併症(腹水・肝性脳症・食道静脈瘤)・肝悪性腫瘍を主体にしており、非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)・薬物性肝障害・原発性胆汁性胆管炎・自己免疫性肝炎など専門性が問われる疾患群やB型・C型肝炎における、近年めざましく進歩している抗ウイルス治療にも力を入れています。

  • 部長:大穂有恒

  • 担当部長:大江真里

  • 森田祐輔

肝臓内科はこちら

消化器外科

  • 消化器病センター長:石川幹真

    消化管(胃・大腸)の腹腔鏡下手術。特に大腸がんの腹腔鏡下手術は1500例を超える経験があります。炎症性腸疾患の外科手術も手がけます。

  • 部長:岸原文明

    肝・胆・膵外科。胆石症などの良性疾患から、肝胆道系のがんなどの悪性疾患まで幅広く対応します。

  • 担当部長:松山歩

    消化管(食道・胃・大腸)の腹腔鏡下手術。手術を含めたがん治療が専門。内科的治療抵抗性のGERDや食道穿孔ヘルニアなどにも対応します。

  • 主任医長:池永直樹

    肝がんなど消化器がんの腹腔鏡手術が専門です。「ハーボニー」を開発したギリアド社と肝硬変治療に関する共同研究の経験があり、肝がんの治療には特に力を入れています。

  • 医長:安蘓鉄平

    消化器外科手術、とくに腹腔鏡下手術に積極的に取り組んでいます。また、胆膵内視鏡(ERCP)による胆膵系疾患の診断・治療も専門としています。

  • 医長:矢野博子

  • 医長:木村英世

    消化器外科一般、および胆膵内視鏡(ERCP)による胆膵系疾患の診断・治療に従事しています。

  • 田中康

消化器外科はこちら

放射線科

主な診療内容としては、CT、MRIなどによる消化器疾患の画像診断、血管造影による肝細胞がんの治療(TACE)や消化管出血に対する血管塞栓術、胃静脈瘤に対する硬化療法などを行っています。

  • 部長:鎌田宏二

  • 平野七津美

放射線科はこちら

大腸内視鏡検査は原則日帰りでの外来検査です

これまで当院では大腸内視鏡の際、原則一泊入院をお願いしておりましたが、検査の要領を下記のように変更いたします。

  • 検査は平日(月~金)に行っています。(水・金曜日は検査できる人数が限られています)
  • 静脈注射による鎮静剤を使用した場合は、その日は車・バイク・自転車の運転ができません
  • 上部消化管内視鏡(胃カメラ)との同一日検査はできません
  • 切除が必要な病変が見つかった際には精査を行い、後日入院の上、切除いたします(切除前に必要な検査が追加される可能性があります)
  • 体力的な点から一泊入院での検査を希望される場合や、脚が悪いなどの理由でトイレ付病室で経口洗腸液を内服したい場合(日帰り入院検査)は、外来担当医にご相談ください

診療予約・お問い合わせ

医療関係の方

地域医療連携室
TEL0120-671-708

受付時間
平日 8:30~18:30
土曜日 9:00~13:30(祝日・年末年始を除く)

患者さん・一般の方

TEL093-671-5489

受付時間
平日 8:00~16:00