せいてつLab ~医療を知る 健康を守る~

広報Report

出前講座81 回目に潜入!

2016年 12月16日 16:47

当院では2015年3月から、院長はじめ病院スタッフを講師派遣する「出前講座」をおこなって
います。市民センターや企業、大学などからご要望をいただき、おかげさまで延べ開催81回を
数えます。人気の高い講座トップ3は「認知症にならないために」「生活習慣病」「リハビリ
スタッフによる体操」です。今年最後となる出前講座(枝光南市民センター)に同行しました。

【テーマ】講演「認知症にならないために」+製鉄病院オリジナルタオル体操
【講 師】理学療法士 加納啓輔・作業療法士 平賀大貴

まずは「認知症にならないために」の講演からスタート。「老化による物忘れ」と「認知症の
物忘れ」の違いや「物忘れと認知症の違い」、認知症予防のために取り入れた方がよいこと
など、理学療法士の加納さんからお話がありました。

次は認知症予防に効果的な運動を、皆さんと実践!
「運動習慣はある程度、認知症を予防できる可能性があります。皆さん、これを機会に生活
週間に運動を取り入れましょう」と作業療法士の平賀さん。筋力トレーニング、そして製鉄
病院オリジナルのタオル体操で気持ちのよい汗をかきました。

70歳代、80歳代の方が多かったのですが、皆さんのお元気ぶりにびっくり、自分の体力
のなさにがっくりでした。
「出前講座」の詳細につきましてはこちらをご覧ください。