せいてつLab ~医療を知る 健康を守る~

コミュニティ|地域

連携クリニック紹介「まえの眼科」

2017年 11月21日 14:52

Q. 紺色の外観に白色のトンボのマークがとても映えますね。院内設備でこだわられているところは?
A. トンボは複眼でとても目がいい昆虫として知られています。「患者さんの目もよく見えますように」という思いを込めています。白を基調にした院内は「明るくてよい」と患者さんにも好評です。男性・女性用トイレをそれぞれバリアフリーにしています。

 

Q. 貴院をご紹介ください
A. 一般の眼科診療、白内障、緑内障、糖尿病網膜症、(がん)(けん)下垂(かすい)などに対応しています。白内障や眼瞼下垂など、日帰りでできる手術は当院で行います。角膜移植については、これまで多くの経験があり、市内でも数少ない実施施設の一つです。どうかあきらめずに目のことで不安なことがあればご相談ください。

Q. 目の病気の早期発見のために、自分でできることはありますか
A. ときどき、片目ずつ開いて見え方のチェックをすることですね。ゆがんで見えたり、かすんだりする場合は、早めの受診をおすすめします。

Q. 地域の方へメッセージをお願いします
A. 必要な方には手術をお勧めしますが、なるべく「切らない治療」、患者さんのご希望にそった診療を心がけています。目からの情報は9割と言われるほど、目は大事な臓器です。いつまでも“見える目”でいられるために、スタッフみんなで全力を注いで診療しています。ご心配なことがあれば、いつでもご来院ください。
 院長 前野則子先生

まえの眼科   北九州市八幡東区桃園1丁目5-11 
℡ 093-663-7321    URL http://www.maeno-ec.com/