乳腺外科

特色

日本では乳がんが年々増加し、女性のがんの第1位になっています。毎年、約6万人の人が乳がんにかかっています。特に40歳代から乳がんにかかる危険性が高くなります。一方で70歳を過ぎても危険性はそれほど減りません。
乳がん治療には手術、放射線治療といった局所治療と、化学療法(抗がん剤治療)、ホルモン療法、分子標的薬治療(抗HER2療法など)による全身療法が含まれます。それぞれの患者さんの進行度に合わせて、幅広い治療の選択肢から適切な治療を選択するいわゆるテイラーメード治療を行うことが必要となります。手術療法では腫瘍が比較的小さい場合には乳房温存手術を行う場合もあり、術前検査で明らかな腋窩リンパ節転移がない場合にはセンチネルリンパ節生検を行うなど、より低侵襲でかつ根治性を求めた手術も行われます。
製鉄記念八幡病院では新たに乳がん専門医が加わり、乳腺診療を専門とする医師と病理医のほか、乳がん認定看護師を含む看護師、薬剤師、放射線技師、検査技師、理学療法士、作業療法士、臨床心理士など多くのメンバーで構成される乳腺チームがあります。それらすべてのメンバーの力を結集して患者さんの治療を行います。日々チーム力の向上に取り組み、患者さんとそのご家族へ満足いただける優しい診療を心がけていきます。

診療担当表

 
外来 石川 髙浪   石川  
髙浪 髙浪

扱う疾患

  • 乳腺悪性腫瘍(乳がんなど)
  • 乳腺良性腫瘍(線維腺腫、乳頭腫など)
  • 乳腺良性疾患(乳腺炎、女性化乳房など)

検査

  • 乳房撮影(マンモグラフィ)
  • 乳房超音波検査(エコー検査)
  • 乳房MRI検査、CT検査
  • 骨シンチグラフィー検査
  • 穿刺吸引細胞診や針生検などの病理検査

手術実績

    2014 2015 2016
 乳がん手術  乳房切除術 34 39 53
 乳房部分切除術 36 22 32
 その他・良性疾患など 13 13 16
合計 73 74 101

当院は北九州市乳がん検診(マンモグラフィ併用)実施医療機関です

対象者
北九州市内にお住まいの40歳以上の女性
検査内容
マンモグラフィ(乳房エックス線検査)
受診回数
2年度に1回
受診料
1,000円

ただし、次の方は受診料が免除されます。

  • 70歳以上の方
  • 市民税非課税世帯の方
  • 生活保護世帯の方
  • 後期高齢者医療被保険者証を持っている65歳~69歳の方
  • 有効な無料クーポン券を持参の方

乳腺ドック(自由診療)のご案内