脳血管・神経内科

特色

脳卒中はがん、心臓病、肺炎に次ぐ日本人の死亡原因の第4位で、寝たきりの原因では第1位を占めています。また、高齢者のみならず、若年発症の脳卒中も問題となっています。

近年、脳卒中医療は大きく変化し、診断技術、治療技術は飛躍的に進歩しています。特に発症から4.5時間以内の超急性期例には、血栓溶解療法による劇的な改善が期待できる症例もあります。当院では、365日24時間体制で積極的に脳卒中急性期症例を受け入れ、脳卒中専門医や脳神経外科専門医が連携し、迅速な診断のもと、的確な急性期治療を行っています。

また、急性期のリハビリテーション・栄養管理・合併症予防についても、理学療法士・看護師らと協力し、脳卒中診療チームとして取り組んでおります。

最近、一過性脳虚血発作の重要性が注目されています。一過性の手足の脱力、言語障害、視野障害、顔面麻痺などの症状がみられた場合、迅速に治療を開始しないと脳梗塞が高頻度に発症することがわかっています。たとえ一過性の軽微な症状でも、緊急に対応し、専門的に原因について精査し、脳梗塞予防に努めています。

近年、日本人の食生活の欧米化に伴い、脳血管の高度動脈硬化性病変をベースに発症する脳梗塞が増加しております。症例によっては、頸動脈内膜剥離術やバイパス手術などの血行再建手術が必要となることも少なくありません。

脳卒中は全身血管病であると考えています。すなわち、心臓病、腎臓病、末梢血管疾患の合併が少なくありません。脳卒中の診断・治療を行う際は、必ず他の血管病の合併を意識し、各診療科の専門医と連携し総合的な治療をめざします。

日常診療から得られた貴重な成果は、積極的に学会や専門誌で発表するように心がけています。日常診療、臨床研究を通じて、若手医師の教育、技術習得もわたしたちの重要な課題です。

診療担当表

 
午前 荒川 大﨑 荒川 大﨑 荒川
午前 木村 日高 ※安田 坂井

※非常勤医師

扱う疾患

  • 脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)
  • 一過性脳虚血発作、一過性黒内障
  • 無症候性頸動脈または脳動脈の狭窄
  • その他の神経救急疾患
    (髄膜脳炎、高血圧性脳症、ギランバレー症候群、末梢性顔面神経麻痺など)

検査

脳血管障害の診断にはCT・MRI・MRA・超音波検査・脳血流シンチなどを組み合わせて行います。

私たちは、脳血管病変、特に頸動脈病変に対する超音波検査を用いた診断に力を入れております。頸部血管エコーや経食道心エコーは着実に検査件数を積み重ねています。

脳神経外科との連携で、脳血管血行再建術施行患者やくも膜下出血患者に対しては、周術期経頭蓋ドプラモニタリングにも取り組み、周術期の血行動態の評価に超音波診断を活用しています。また、長期的フォローアップにも様々な超音波検査を応用しております。

また、検査部技師や若手医師も日本脳神経超音波学会認定検査士の認定試験に積極的に挑戦し、技術を磨いています。

実績(2016年)

  2016
急性期脳梗塞(TIAを含む) 207
脳出血 38
脳血管精査 36
てんかん 35
パーキンソン関連 20
髄膜炎 7
認知症 3
その他 192
合計 538