歯科・口腔ケア科

特色

当科は一般的な歯科疾患の治療が目的ではなく、「周術期口腔機能管理」に重点を置いています。
全身麻酔などのときには、口の汚れが原因で手術した部位の感染や治癒の遅れ、さらに肺炎などが引き起こされることが分かってきています。
また、抗がん剤や放射線治療を行っている場合、歯の痛みや口内炎、口の渇きなどのトラブルが生じることがあります。その結果、十分に食べ物や水を口から摂取できなくなり、体力が急速に低下して、がん治療を中止せざるを得ないこともあります。「周術期口腔機能管理」によりこれらの合併症を防ぎ、結果的にがんなどの主疾患の治療が完遂できるようにサポートできればと考えています。
術前は口腔内の状態を評価し、必要があれば歯周病や入れ歯などの歯科治療を行います。また、歯科衛生士が歯磨き指導や専門的な口腔内の清掃を行い、お口が清潔になった状態で患者さんに手術に臨んでいただきます。

実績(2016年)