消化器内科

特色

内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)

食道から直腸までの「消化管」の病気に対して緻密な形態診断学に基づき、最新の医療を提供します。受診の際は、かかりつけ医の紹介状をご持参ください。
当院は日本消化器病学会認定施設、日本消化器内視鏡学会専門医制度指導施設、日本消化管学会胃腸科指導施設に認定されています。

診療担当表

   
外来 午前 澤野 中村 長末 長末 中村
検査 消化管造影 午前    
上部内視鏡
大腸内視鏡 午後

◯検査可 △日帰り検査のみ可

扱う疾患

食道疾患
逆流性食道炎、食道アカラジア、食道がんなど
胃・十二指腸疾患
消化性潰瘍、胃炎、胃・十二指腸ポリープ、胃がんなど
小腸疾患
小腸ポリープ、小腸がん、慢性炎症性腸疾患(クローン病・腸管ベーチェット病・腸結核)、腸閉塞など
大腸疾患
大腸ポリープ、大腸がん、感染性腸炎、慢性炎症性腸疾患(クローン病・潰瘍性大腸炎・腸管ベーチェット病・腸結核)、腸閉塞など

*消化管がんに対する化学療法や胆嚢疾患の評価・治療は外科で行っています。
また、消化管悪性リンパ腫に対する化学療法は、血液内科常勤医が不在のため行っておりません。

検査

上部消化管内視鏡検査

患者さんは原則、検査当日のみ受診していただきます。検査結果は紹介医の先生へ郵送しますので、結果説明のためだけに、後日再受診する必要はありません。
朝食を摂らずにご来院いただければ、受診当日でも検査可能です。ご希望があれば検査時に鎮静剤を投与します(投与後は終日、車の運転や火・刃物の取り扱いができません)。なお、抗血栓剤は中止せずにご紹介ください。

大腸内視鏡検査

患者さんはインフォームド・コンセントのために事前に外来を受診していただく必要があり、検査は後日、日帰り(必要に応じて一泊入院可)で行います。ご希望があれば検査時に鎮静剤を投与します。

消化管造影検査

患者さんは事前の外来受診が必要です。従来の胃透視、経口小腸造影、注腸X線造影に加え、経鼻チューブを用いた上部消化管精密検査、低緊張性十二指腸造影、小腸二重造影などを行います。

治療

良悪性腫瘍の内視鏡治療

内視鏡・消化管造影等で病変を評価し、適応となった場合には積極的に内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)や内視鏡的粘膜切除術(EMR)を行います。2005年12月にESDを開始して以降、症例数は600例を超えました。

炎症性腸疾患の治療

常時100例以上の炎症性腸疾患の治療にあたっています。
クローン病に対しては生物学的製剤の投与を積極的に行っており、従来の栄養療法・薬物療法と組み合わせて粘膜治癒をめざします。
潰瘍性大腸炎に対しては、経口・局所の薬物療法を中心に、重症度によっては血球除去療法(CAP)・生物学的製剤・免疫調整剤を併用しており、高い治療成績を得ています。
その他、腸管ベーチェット病や腸結核などの経験も豊富で、個々の患者さんに最適な治療を提供する「オーダーメイド治療」を心がけています。

内視鏡的止血術・異物除去

緊急内視鏡検査・治療に対応しています。内視鏡を使った消化管止血や、先端アタッチメントなどを用いた安全な異物除去術に取り組みます。

その他

消化管狭窄に対する内視鏡的拡張術やステント留置、胃ろうの造設や交換を行っています。詳しくは担当医にご相談ください。

実績

  2014 2015 2016
検査 消化管内視鏡検査 上部 2,674 2,630 2,468
大腸 1,357 1,516 1,561
バルーン小腸 2 3 3
カプセル小腸 -- 12 15
超音波内視鏡 56 64 97
消化管造影検査 276 324 240
治療 治療
内視鏡
(1)EMR・ESD  
※()内ESD
食道 5 ( 5) 9 ( 9) 6 ( 5)
36(36) 29(29) 30(29)
十二指腸 0 0 1(0)
大腸 218(19) 288(27) 344(28)
(2)内視鏡的止血術(静脈瘤除く) 117 93 100
(3)PEG 造設 20 17 20
交換 92 79 72
炎症性腸疾患 CAP療法 1 4 5
生物学的製剤 24 24 29

こんな症状ありませんか?

腹痛
痛みの場所(みぞおち・おへその周り・横腹・下腹など)や種類(急に痛くなった・徐々に痛くなってきた・ときどき痛む・周期的に痛むなど)、痛みの激しさなどによって考えられる病気はさまざまです。お腹の中にある内臓が原因であることが多いですが、婦人科・皮膚科・泌尿器科・心臓の病気でも腹痛がみられることがあります。治療もお薬だけで治るものから、入院や手術を必要とするものまで幅広いため、正確な診断と適切な治療が求められます。
血便が出る
消化管(食道・胃・十二指腸・小腸・大腸)や口の中、肛門から出血が起こると、血を吐いたり(吐血)、真っ黒な便や血の混ざった便(血便)が出ます。また、たんに血が混じったり、咳とともに出血するのが「喀血」です。口から食道・胃・十二指腸までの出血では吐血を、十二指腸・小腸・大腸や肛門の出血では血便を認めることが多いとされています。消化管からの出血では、内視鏡を挿入して出血部位を観察することで診断でき、場合によっては同時に止血処置を行うことができます。また口の中の出血は歯科や耳鼻咽喉科で、肛門からの出血は外科で診断と治療を受けます。喀血は気道や肺からの出血ですので、呼吸器内科で詳しく調べ、治療を受ける必要があります。
3日以上、排便がない。3週間以上、下痢が続く
3日以上排便がない状態、または毎日排便があっても残便感がある状態を便秘といいます。腸や肛門の動きに問題があり便秘をする場合が多いのですが、大腸がんやパーキンソン病、甲状腺機能低下症や薬の副作用など、便秘を起こす原因が隠れていることが少なくありません。
下痢は便の中の水分が増加した状態を指します。3週間以上続く「慢性下痢」と、それ以下の「急性下痢」に分類されます。急性下痢では食中毒を含む細菌・ウイルス感染や食品アレルギーなどが考えられます。慢性下痢は感染のほか、大腸がんや炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎やクローン病など)、薬の副作用などでみられることがあります。上記のいずれでもない場合「過敏性腸症候群」という、腸の動きのトラブルによる病気も考えられます。
便秘でも下痢でも、症状の原因が何なのかをきちんと理解し、原因に応じた治療を受けることが大切です。

症状まとめページへ