循環器・高血圧内科

特色

循環器・高血圧内科では、狭心症、心筋梗塞などの虚血性心臓病や心不全、高血圧の診療に力を注いでいます。もちろん不整脈の患者さんも多数診療しています。
虚血性心臓病においては、特に心臓カテーテル検査やカテーテル治療(PCI)に力を入れています。
また、高血圧においては、腎動脈狭窄により起こる腎血管性高血圧や副腎腫瘍が原因で起こる原発性アルドステロン症など、二次性高血圧(治る高血圧)の診断や治療、治療抵抗性高血圧の治療など高血圧専門医としての診療を行います。

診療担当表

 
外来 午前 藤島 土橋 古賀 土橋 古賀
藤島
加世田 村上 芳賀 加世田 村上
    塚原  
専門外来 午後 第1週
ペースメーカー
(古賀)
      第1週
ペースメーカー
(加世田)
        禁煙外来
(藤島)
検査 午前 トレッドミル
心エコー
トレッドミル
心エコー
トレッドミル
心エコー
トレッドミル
心エコー
トレッドミル
心エコー
    心筋シンチ 心筋シンチ 心筋シンチ
午後 心カテ 心カテ 心カテ 心カテ  

扱う疾患

  • 狭心症、心筋梗塞などの虚血性心臓病(冠動脈疾患)
  • 不整脈(徐脈、心房粗動、心室性不整脈、心房頻拍、失神発作等)
  • 心不全、弁膜症、心筋症、高血圧、大動脈解離、大動脈瘤、肺塞栓
  • 心臓手術後の患者さん

診療の標準化・質の向上への取り組み

クリニカルパスを積極的に取り入れるようにしています。現在使用しているパスは、PCI(カテーテルインターベンション)、心臓カテーテル検査、ペースメーカー植え込み術です。
2008 年よりカテーテルアブレーション、2009 年より心臓リハビリテーョンを開始しました。
循環器専門医は4名で、ほかに心血管インターベンション治療学会専門医1名、認定医1名が在籍しており、PCI 研修関連施設です。高血圧専門医も2名在籍し、高血圧研修施設となっています。また、心不全の臨床研究、症例報告を積極的に行っており、地域の心不全診療の中心的役割を担っている施設の一つです。

実績

検査 2014 2015 2016
心臓カテーテル検査 991 959 972
心エコー 3,266 3,295 3,664
ホルター心電図 625 664 500
トレッドミルテスト 367 305 195
心筋シンチグラフィー 414 431 377
MDCT 141 136 171
治療      
冠動脈カテーテルインターベンション(PCI) 257 228 256
緊急 29 40 20
初期成功率 98.0% 97.5% 98.6%
再PCI率   10.0% 7.2% 10.2%
ペースメーカー植え込み術 43 32 27
カテーテルアブレーション 12 15 11

こんな症状ありませんか?

胸が締め付けられるように痛む
胸が締め付けられるように痛んだり、重いもので胸が押されるように感じたりすることはありませんか?このような症状がある方は、狭心症という病気の可能性があります。狭心症とは、心臓の筋肉に血液を送る血管(冠動脈)が何らかの原因で狭くなる病気です。
狭心症の原因の一つに、動脈硬化があります。動脈硬化は糖尿病や高血圧、脂質異常などの生活習慣病や加齢、喫煙などの影響で進行します。動脈硬化による狭心症は、運動中など心臓の動きが激しくなるときに症状が出やすいのが特徴です。しかし、病状が進行すると、安静にしていても症状が出現するようになったり、痛みが長く続くようになったりします。
狭心症のもう一つの原因として、冠動脈が一時的にけいれんを起こして細くなってしまう冠攣縮性(かんれんしゅくせい)狭心症があります。おもに安静時、朝方や寝ている時、寒いときなどに出現しやすいといわれています。喫煙が大きな危険因子の一つです。
完全に冠動脈が閉塞してしまうと心筋梗塞が起こってしまいます。このほか、重症の弁膜症や大動脈解離などでも胸痛が生じることがあり、放置すると大変危険です。上記のような症状がある際は早めにご相談ください。
血圧が高い
健康診断などのほか、最近ではご家庭でも血圧を測っておられる方が増えていますが、血圧が高い場合はご自分だけで判断されずに、ぜひ医療機関にご相談いただきたいと思います。
血圧が高い場合、一時的に血圧が高くなっている場合と、本当の高血圧症の場合があります。一時的に血圧が高くなっていると思われる場合には、少し時間をおいて、痛みや不安・緊張など血圧が高くなりそうな原因がおさまった後で、もう一度、血圧を測り直してみてください。
一方、高血圧症は、繰り返し血圧を測って判定する必要があります。家庭などで測定した血圧がいつも135/85 mmHg以上の時には高血圧症の可能性があり、血圧に対する治療が必要となります。高い血圧を放置すると、将来、脳卒中や心臓病、腎臓病を起こす可能性が明らかに増えることがわかっています。高血圧症の治療の第一歩は生活習慣の見直し、次にお薬です。循環器・高血圧内科では、患者さんご自身と医療スタッフ(医師・看護師・薬剤師・管理栄養士)とが協力して、高血圧症治療を行ってまいります。どうぞお気軽にご相談ください。
動悸がする。心拍数が乱れる
動悸とは、胸がドキドキする感覚ですが、その感じ方は人によってさまざまです。胃の中から心臓をつかまれているような感じといわれる方もおられます。不安なときや興奮したときなどに病気でなくても動悸を感じることがありますが、心不全や不整脈などの心臓病が原因になっている可能性もあります。
心臓の働きが弱っている時(心不全)は、少し動くと脈が速くなって動悸を感じます。息切れ、体のむくみ、疲れやすさなどの症状も伴っていれば、心不全が強く疑われますので、早めに受診いただく必要があります。
不整脈とは、心臓が収縮するリズムが乱れてしまうことです。全て心拍数が速くなるとは限らず、極端に遅くなっている場合もあります。不整脈の中には、放っておいても問題ないものから、脳梗塞や心不全、立ちくらみや失神などを引き起こす危険なものまでさまざまな種類が存在し、正確な診断には、その不整脈が起こっている時に心電図を取る必要がありますが、24時間心電図、携帯心電計、運動負荷心電図検査などで診断できることもあります。
何か異常をお感じでしたら、お気軽にご相談ください。
息切れがする。むくみや体重の増加が気になる
顔や手足のむくみ、息切れが出現する原因はさまざまですが、その一つに心不全があります。なぜ心臓が悪い時に息苦しくなるかというと、心臓が悪いと肺の血流も悪くなるためです。また、心臓と腎臓(尿を作っている臓器)も密接に関わっており、心不全になると尿量が減り、水分が体内に溜まりやすくなることも、全身のむくみの原因のひとつです。
水分が体に溜まると体重が増えますので、体重の変化は体のむくみを知る手がかりになります。普通の「肥満」とちがい、水分貯留による体重増加は、数日~数週などの短期間でも現れますので、急に体重が増え息切れなどの症状もともなう場合は、心不全が原因ではないかと疑う必要があります。
心不全はさまざまな疾患が原因で起こります。近年増加している高血圧や糖尿病などの生活習慣病による動脈硬化から、心臓弁膜症、不整脈、感染症、ホルモン異常、また、原因がはっきり分かっていないものもあります。むくみ、息切れ、体重増加などが気になる方は、早めにご相談ください。

症状まとめページへ