緩和ケア外科

特色

緩和ケア病棟

緩和ケア病棟は、痛みや悪心・嘔吐、倦怠感など、がん関連症状に苦しむ患者さんに対して療養の場を提供し、症状の緩和を行います。がん患者さんは、がんと診断された時からいろいろな治療を受けてこられますが、同時に多くの患者さんは心身ともにさまざまながん関連症状に悩まされます。こうした患者さんに対して、それぞれの症状に対する適切な薬剤による補助や、献身的な看護、快適な療養環境を提供することで、とても症状が緩和されその人本来の穏やかな過ごし方ができるようになります。また、お世話されているご家族にとっても、それはとても大切なことと感じられます。
当院緩和ケア病棟では、緩和ケア担当医師を中心として、心療内科医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、臨床心理士、理学療法士、メディカルソーシャルワーカーなど多職種の職員がチームを組んでそれぞれの立場から、患者さんの希望に沿って、快適に過ごしていただけるように考え、治療や看護にあたっています。病室は全室個室で、患者さんやご家族に気兼ねなく過ごしていただけるように広めの病室を用意しています。また病状が進行しても入浴が可能な特殊介護浴槽も備えています。ほかにも談話室や台所、宿泊が可能な家族控え室など、ご家族とゆっくり過ごせるような配慮をしています。
もう一方でわれわれが目指しているのが、在宅復帰が可能な緩和ケア病棟です。早期から介入することにより症状が緩和され、自宅に退院される患者さんが、少しずつですが増えています。在宅復帰支援には、病診連携、病病連携が不可欠であり、今後もさらに近隣の医療関係者の皆さまとの連携を深めていきたいと考えています。

施設紹介

*金額は税別

  • 特別有料個室(10,000円)

    畳スペースも備えた広さも十分にある個室です。
    シャワー室もあります。

  • 有料個室(6,000円)

    部屋も広く、窓から皿倉山が望めます。ソファーベッドがありますので、ご家族の付き添いが可能です。

  • 無料個室

    ご家族が付き添いする場合は、簡易ベッドの借用が必要です。

  • 介護浴室

    寝たまま入浴することができます。
    看護師が介助いたします。

  • 家族控え室

    面会者が多い場合などにご使用ください。プライバシーに配慮した空間です。

  • 談話室

    語らいやティータイムにお使いいただけます。
    レクリエーション行事も行っています。

緩和ケア外来

緩和ケア外来は毎週水曜日に行っています。がん関連の症状で悩んでおられる方、病状から自宅療養が困難になりつつある方などの相談窓口です。必ずしも差し迫って入院が必要な患者さんだけでなく、将来緩和ケア病棟へ入院を希望される患者さんも受診されています。どうぞお気軽にご相談ください。

緩和ケアチーム

当院入院患者さんで、症状緩和が必要であれば、主治医からの連絡で緩和ケア担当医師、心療内科医師、専任看護師が病室まで出向き、患者さんの症状に応じて診療を行っています。当院に入院される患者さんが苦しみにさいなまれることがないよう、チーム一丸となって日々努めています。
当院緩和ケア病棟は開設から10年以上が経過しました。年間110-130名の入院患者さんを受け入れ、1,000名余りの患者さんの診療にあたってまいりました。院内はもとより、JCHO九州病院、産業医科大学病院、北九州市立医療センター、NHO小倉医療センター、済生会八幡総合病院、北九州市立八幡病院などの北九州市内の病院や、九州大学病院、NHO九州がんセンター、NHO九州医療センターなどからも多くの患者さんを受け入れてまいりました。これからも地域の緩和医療にお役に立てるよう努めてまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

診療担当表

 
午前     石川