看護部長からのメッセージ

看護部長
副院長・看護部長 倉地 美智子

当院は、2015年に世界文化遺産に登録された官営製鐵所の附属病院として1900(明治33)年に設立されて以来、設置主体や病院名は変わりましたが、地域の中核病院として質の高い急性期医療・看護を提供してきました。
看護部では、理念である「心のかよいあう思いやりのある看護」の実現にむけて、患者さんに寄り添える感性豊かな優れた看護実践者の育成に努めています。少子・高齢化が急速に進み、療養の場を「医療機関から暮らしの場へ」と変革の時代を迎えています。これからの看護師には、患者さん一人ひとりを地域における生活者として捉えたうえで、退院後の生活に視点を置き、病院と地域の多職種と協働、連携し看護を繋げていく能力が、より求められるようになります。患者さんが安心して住み慣れた地域で過ごせるように、患者さんやご家族に常に寄り添い、自己決定の支援ができる看護師を継続して育成し、地域の健康長寿に貢献していきたいと考えています。
また、「思いやりの心」を看護の原点に看護職員全員が専門職業人として明るく、やりがいをもち、看護を実践できる職場環境づくりを目指しています。