入院患者さんの1日(例)

6時 起床 洗面や排泄などのお手伝いをします。
7時 朝食 病状に合わせた食事を提供します。
ラウンドをして食事摂取状況や異常がないかを確認します。
食前や食後薬の内服管理状況に合わせてお手伝いします。
9時 回診 受け持ち看護師があいさつに伺います。本日のスケジュールを一緒に確認します。
検査 体温や血圧を測定し、容態を確認します。
手術準備 治療予定に沿って、点滴・検査・手術を受ける準備をします。
保清 一人で入浴できない方には、入浴介助と清拭、洗髪を組み合わせて実施します。 皮膚の状態や運動機能の状況を確認し、安全に援助を行います。
12時 昼食 看護師、リハビリスタッフが協力して、飲み込みの機能訓練を行います。
食事摂取ができていない場合は、食事形態や内容の変更など、管理栄養士に相談します。
13時 入浴 入浴中は30分ごとに声をかけ、安全確認をしています。
リハビリ 病状に合わせて、午前と午後、リハビリテーションを行います。病棟内や病室で行うこともあります。
医師の指示に合わせて、運動療法や作業療法、摂食機能療法など組み合わせます。
容態を確認し、明日の検査や手術などの説明を行います。
18時 夕食 病状に合わせた、食事のお手伝いをします。
20時   夜勤看護師があいさつに伺います。
容態の確認や眠前薬を内服します。
21時30分 就寝 夜間は2時間毎に巡視します。