せいてつLab ~医療を知る 健康を守る~

広報Report

クローン病と潰瘍性大腸炎の総合情報誌「CCJAPAN」に掲載されました

2017年 3月01日 10:39

クローン病と潰瘍性大腸炎の総合情報誌「CCJAPAN」(2017.2.26発行)に、当院の中村滋郎消化器内科部長のインタビュー記事が掲載されました。クローン病と潰瘍性大腸炎はどちらも、腹痛・下痢・血便・下血・発熱・体重減少等の症状があり、若年で発症する場合が多く、罹患者も増えています。
いまだ原因不明で、根治治療が確立されておらず 、厚生労働省の「指定難病」に指定されています。
当院では薬物療法、栄養療法、外科手術など、多方面から治療を行っているという記事が紹介されています。