平成28年度 製鉄記念八幡病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 62 85 111 139 367 641 1626 2379 2001 548
2016(平成28)年度中に当院を退院された患者さんを年齢階級別に集計しました。年齢は入院時点のものを使用し、複数回入退院を繰り返した方については1入院を1人として集計しています。当院では60歳以上の割合が全体の8割を占めています。70歳以上でも6割超となり、地域の高齢化が反映されていると考えられます。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
肝臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む) その他の手術あり 処置2なし 93 12.4 11.74 1.1 75.7 腹部血管造影療法
060300xx99x00x 肝硬変(胆汁性肝硬変を含む) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 45 19.3 13.50 13.3 73.6
060300xx97100x 肝硬変(胆汁性肝硬変を含む) その他の手術あり 処置1あり 処置2なし 定義副傷病なし 23 14.6 14.28 0.0 69.7 内視鏡的食道静脈瘤治療
060300xx99x01x 肝硬変(胆汁性肝硬変を含む) 手術なし 処置2なし 定義副傷病あり 15 19.1 22.40 26.7 74.9
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 14 21.5 21.25 64.3 90.2 誤嚥性肺炎
最も多いのは肝がんに対する血管塞栓術のための入院となっています。2番目に多いのは肝硬変に対する手術以外の治療のための入院で、3番目に多いのは肝硬変に対する食道・胃静脈瘤内視鏡的治療などによる入院となっています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx99x00x 結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 166 2.0 7.20 0.6 72.5 大腸内視鏡検査
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 36 11.6 9.08 5.6 78.3
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む) 手術なし 36 2.1 3.00 0.0 68.8 大腸内視鏡検査
060140xx97x00x 胃十二指腸潰瘍,胃憩室症,幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) その他の手術あり 処置2なし 定義副傷病なし 30 16.6 10.93 6.7 73.7
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 30 10.5 7.89 3.3 66.4
最も多いのは大腸がんが疑われる場合の大腸内視鏡検査のための入院となっています。当院では原則日帰り検査となっていますが、患者さんの状況次第で一泊での検査も受けています。2番目に多いのは手術のない腸閉塞と、小腸大腸良性疾患の大腸内視鏡検査のための入院となっています。
循環器・高血圧内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症,慢性虚血性心疾患 手術なし 処置等1_1あり 処置2なし 定義副傷病なし 547 2.9 3.06 0.5 71.7 心臓カテーテル検査
050050xx02000x 狭心症,慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 処置等1_なし,1,2あり 処置2なし 定義副傷病なし 215 5.2 4.71 0.4 71.6 経皮的冠動脈形成術
050130xx99000x 心不全 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 108 15.0 17.95 13.9 85.8
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 44 15.0 21.25 22.7 85.4 誤嚥性肺炎
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む),再発性心筋梗塞 その他の手術あり 処置等1_なし,1あり 処置2なし 定義副傷病なし 27 15.2 13.02 7.4 72.1
最も多いのは狭心症に対する心臓カテーテル検査のための入院となっています。この検査の結果、心臓の血管が狭くなり血流量が減少したために心臓が酸欠状態(心筋虚血)となっていることが判明した患者さんにお勧めしているのが、2番目に多い経皮的冠動脈形成術(一般的にはバルーン治療)となっています。バルーンで狭くなった血管を拡げたあとは、殆どの場合冠動脈ステント(金属製網目状の筒)を血管に留置(経皮的冠動脈ステント留置術)し、血管が再び狭くならないようにします。
糖尿病内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く)(末梢循環不全なし) 手術なし 処置2_1あり 定義副傷病なし 85歳未満 31 9.0 14.61 0.0 63.5 血糖コントロール入院
100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く)(末梢循環不全あり) 手術なし 処置2_1あり 定義副傷病なし 85歳未満 26 9.6 14.91 0.0 70.8 血糖コントロール入院
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 24 16.3 21.25 37.5 88.8 誤嚥性肺炎
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く)(末梢循環不全なし) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 85歳未満 18 7.2 11.48 0.0 59.3 糖尿病教育入院
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし 16 13.1 12.43 0.0 76.0 尿路感染症
最も多いのは2型糖尿病でインシュリン製剤治療が行われた入院となっています。当院では糖尿病教育入院として13日間程度入院し、多職種チームによる検査や薬、食事や運動を行っていくプログラムを積極的に行っています。糖尿病教育入院(13日間)は包括ケア病棟で行われる事がほとんどで、年間約100名となっています。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
180040xx01x0xx 手術・処置等の合併症 内シャント又は外シャント設置術等 処置2なし 54 13.4 12.65 3.7 67.4 経皮血管形成術.翌日透析
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 処置1あり 定義副傷病なし 30 9.2 7.58 0.0 57.3 腎生検
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし 24 14.5 12.43 12.5 74.3
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術,吻合術 その他の動脈等 処置2なし 定義副傷病なし 23 11.7 8.87 0.0 69.4 シャント手術
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 20 15.1 12.84 10.0 72.0
最も多いのは人工透析のための内シャント又は外シャント設置術のための入院となっています。2番目以降は腎炎や腎不全、腎臓または尿路感染症の治療に対する入院となっています。当院では腎センターを有しており、腎不全に対する血液浄化療法、潰瘍性大腸炎に対する白血球除去療法、エンドトキシン吸着療法、携帯式腹膜透析などの治療を行っています。また、腎臓以外の病気で入院された場合でも透析が必要な場合は迅速に対応しています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1あり 処置2なし 78 3.2 3.68 1.3 73.0 気管支鏡検査
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 処置2なし 62 19.4 19.92 6.5 76.6
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1なし 処置2_4あり 定義副傷病なし 60 14.4 12.35 0.0 74.0 2泊3日化学療法
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 34 12.3 14.83 8.8 77.4
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 19 18.9 21.25 26.3 84.9 誤嚥性肺炎
最も多いのは気管支鏡の検査入院となっています。この検査により肺腫瘤の良悪性や、悪性の場合がんの種類や一部の治療薬の有効性などが判明し、他の検査結果とともに治療方針が決定されます。2番目に多いのは間質性肺炎で、3番目に多いのは肺がんに対する抗がん剤治療となっています。
脳血管・神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内,かつ,JCS10未満) 手術なし 処置1なし 処置2_4あり 定義副傷病なし 発症前Rankin Scale 0,1又は2 51 17.3 16.54 5.9 71.1
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 25 22.5 19.35 40.0 72.3
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 24 19.8 21.25 41.7 87.8 誤嚥性肺炎
010230xx99x00x てんかん 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 24 8.4 7.12 4.2 67.3
010160xx99x10x パーキンソン病 手術なし 処置2あり 定義副傷病なし 16 32.1 21.15 12.5 77.7
最も多いのは脳梗塞に対し脳保護薬(ラジカットなど)を点滴投与する内科的治療による入院で、2番目に多いのは非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)となっています。JCSとは意識障害の重症度評価のことで、数が少ないほど軽症となり10未満の場合、意識障害の重症度は低い方になります。脳梗塞の分類は近年非常に細かくなっていますが、超急性期脳卒中に対する治療を含め当院全体の脳梗塞での入院は年間約220件となっています。
消化器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石,胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 処置2なし 定義副傷病なし 73 12.5 11.06 0.0 76.1
060335xx02000x 胆嚢水腫,胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 51 8.4 7.61 2.0 63.4 腹腔鏡下胆嚢摘出術
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除,亜全切除又は悪性腫瘍手術等 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 40 18.8 15.92 2.5 75.5 結腸切除術
060340xx99x00x 胆管(肝内外)結石,胆管炎 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 27 9.7 9.93 0.0 75.0 内視鏡的逆行性胆管膵管造影
060050xx02x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む) 肝切除術 部分切除等 処置2なし 23 15.1 15.85 0.0 67.3 肝臓切除術
最も多いのは胆管結石に対する内視鏡的手術のための入院です。2番目に多いのは胆のう炎や胆嚢結石に対する手術のための入院で、大腸(結腸)がんに対する手術は3番目となっていますが件数は昨年より増加しています。当科の主な取り扱い疾患は消化器悪性疾患(食道がん、胃がん、大腸がん)、肝・胆・膵領域の疾患となっており、がんに対する化学療法目的の入院も当科全体で213件となっています。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 処置2なし 42 7.9 12.73 0.0 70.7 胸腔鏡補助下肺切除術 肺がん
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 処置2なし 定義副傷病なし 18 8.1 10.09 0.0 32.3 胸腔鏡補助下肺切除術 気胸・肺腫瘍・縦隔腫瘍
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1なし 処置2_4あり 定義副傷病なし 14 7.4 12.35 0.0 70.4
040120xx01x0xx 慢性閉塞性肺疾患 肺切除術等 処置2なし - - 12.34 - -
040030xx01xxxx 呼吸器系の良性腫瘍 肺切除術 気管支形成を伴う肺切除等 - - 10.28 - - 胸腔鏡補助下肺切除術 気胸・肺腫瘍・縦隔腫瘍
最も多いのは肺がんに対する胸腔鏡による手術となっています。2番目に多いのは気胸に対する胸腔鏡による手術となっていますが、自然気胸は痩せ型の若い男性に多い疾患で平均年齢も他の疾患と比較すると若くなっています。次いで肺がんに対する化学療法目的の入院となっています。
10症例未満の場合、「-」で表示してあります。
乳腺外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx97x0xx 乳房の悪性腫瘍 その他の手術あり 処置2なし 40 2.7 6.11 0.0 54.3 乳房手術(乳癌)
090010xx99x40x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 処置2_4あり 定義副傷病なし 39 2.1 4.64 0.0 52.4 化学療法1泊入院
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 処置2なし 33 9.2 10.30 0.0 64.4 乳房手術(乳癌)
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 処置2なし 30 6.4 6.59 0.0 57.0 乳房手術(乳癌)
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍  乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等  処置等2なし 20 11.2 11.57 0.0 61.4 乳房手術(乳癌)
最も多いのは乳がんに対する抗がん剤注入用のポート設置や創傷処置などを含む入院で、2番目に多いのは抗がん剤治療のための入院となっています。手術の種類などにより細かく分類されるため見かけ上は3番目以下となっていますが、乳房の悪性腫瘍に対する手術も積極的に行っています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010070xx99020x 脳血管障害 手術なし 処置1なし 処置2_2あり 定義副傷病なし 39 3.0 5.74 0.0 75.2
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 処置2なし 定義副傷病なし 20 16.8 9.87 0.0 81.7
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 処置1あり 処置2なし 18 3.1 3.20 0.0 66.8
010030xx03x00x 未破裂脳動脈瘤 脳血管内手術 処置2なし 定義副傷病なし 16 15.8 10.24 6.3 65.8
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし - - 7.52 - -
最も多いのは脳の血流を検査するための入院となっています。これは体内に注入したRI(放射性同位元素)の分布状況を断層画面でみる検査です。2番目に多いのは慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術となっています。高齢者の転倒などが原因となることも多く、平均年齢が他の疾患よりも高くなっています。また、当科では脳動脈瘤の手術を積極的に行っています。
10症例未満の場合、「-」で表示してあります。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩,股等 113 24.8 27.63 51.3 84.2 大腿骨近位部骨折・人工骨頭置換術
160690xx99xx0x 胸椎,腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む) 手術なし 定義副傷病なし 75 13.0 20.57 38.7 81.7
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死,股関節症(変形性を含む) 人工関節再置換術等 32 16.0 24.42 3.1 68.5 THA人工股関節全置換術
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病なし 28 8.1 5.49 7.1 61.8
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む) 人工関節再置換術等 23 14.4 26.26 8.7 74.5 TKA人工膝関節置換術
最も多いのは股関節大腿近位骨折のための入院となっており、骨折観血的手術(大腿)や人工骨頭挿入術(股)の手術を実施します。高齢者に多くリハビリ期間も長期に及ぶため、急性期の治療終了後地域連携パスを活用し他のリハビリ専門病院に転院する事も多く、転院率が他疾患より高くなっています。当院では回復期リハビリテーション病棟を有しており、転棟して引き続き当院での治療継続も可能となっています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
180060xx97xxxx その他の新生物 手術あり - - 6.76 - -
161000x102x0xx 熱傷・化学熱傷・凍傷・電撃傷(Burn Index10未満) 分層植皮術 25平方cm未満等 処置2なし - - 25.79 - -
160660xxxx0xxx 皮下軟部損傷・挫滅損傷,開放創 処置1なし - - 10.41 - -
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く) その他の手術あり 処置1なし - - 5.11 - -
161000x199x0xx 熱傷・化学熱傷・凍傷・電撃傷(Burn Index10未満) 手術なし 処置2なし - - 12.64 - -
最も多いのは熱傷による手術のための入院となっています。細分化されたデータを合計すると年間の熱傷手術は16件で、全身熱傷に対しては、救急・集中治療部とのチームで対応しています。その他外傷や瘢痕(傷あと)・ケロイド、先天奇形、腫瘍、褥瘡に対応しています。
10症例未満の場合、「-」で表示してあります。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 23 8.1 5.79 0.0 7.0
040090xxxxxx0x 急性気管支炎,急性細気管支炎,下気道感染症(その他) 定義副傷病なし 11 7.3 6.02 0.0 6.2
100250xx99100x 下垂体機能低下症 手術なし 処置1あり 処置2なし 定義副傷病なし - - 3.81 - - 成長ホルモン分泌刺激試験
150070x1xx01xx 川崎病(2歳未満) 処置1なし 処置2あり - - 10.68 - -
040070xxxxx0xx インフルエンザ,ウイルス性肺炎 処置2なし - - 6.09 - -
最も多いのは、肺炎のための入院となっています。次いで急性気管支炎となっています。当科では、感染症・アレルギーなどの急性期疾患の他に、小児の肥満症やメタボリックシンドローム、腎疾患にも対応しています。
10症例未満の場合、「-」で表示してあります。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 13 13.5 10.05 0.0 48.7 単純子宮全摘術
12002xxx01x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮悪性腫瘍手術等 処置2なし - - 13.29 - -
120110xx97xxxx 子宮・子宮附属器の炎症性疾患 その他の手術あり - - 16.14 - -
120010xx01x0xx 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 子宮附属器悪性腫瘍手術(両側)等 処置2なし - - 13.58 - -
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 手術あり - - 9.44 - -
最も多いのは子宮筋腫における子宮全摘術となっています。そのうち8割以上の場合において、同時に卵巣の子宮附属器腫瘍摘出術(両側)を行っています。
10症例未満の場合、「-」で表示してあります。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部)等 処置1なし 38 2.2 4.28 0.0 62.0 皮膚科手術1泊2日
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 21 9.8 11.97 0.0 76.9
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 17 8.5 8.96 5.9 80.2 帯状疱疹
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 処置2なし 16 4.5 8.78 0.0 78.8 皮膚腫瘍切除2泊以上
080080xxxxxxxx 痒疹,蕁麻疹 - - 6.58 - -
最も多いのは皮膚の良性腫瘍に対する摘出術のための入院となっています。2番目に多い急性膿皮症では、高齢者の蜂窩織炎が多く見られます。
10症例未満の場合、「-」で表示してあります。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 処置1なし 処置2なし 29 7.4 7.44 0.0 77.0 経尿道的膀胱腫瘍摘出術
110070xx02020x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 処置1なし 処置2_2あり 定義副傷病なし 14 7.3 7.85 0.0 74.6 経尿道的膀胱腫瘍摘出術
11013xxx97xxxx 下部尿路疾患 その他の手術あり - - 9.10 - -
11001xxx01x0xx 腎腫瘍 腎(尿管)悪性腫瘍手術等 処置2なし - - 12.52 - - 腎臓摘出術
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし - - 12.43 - - 尿路感染症
最も多いのは膀胱がんに対する膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)のための入院で、2番目に多いのは膀胱がんに対する膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)+抗がん剤治療のための入院となっています。
10症例未満の場合、「-」で表示してあります。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030440xx01xxxx 慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫 鼓室形成手術 37 10.6 9.36 0.0 44.9 鼓室形成術
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍,急性扁桃炎,急性咽頭喉頭炎 手術なし 15 5.9 5.50 0.0 48.2
030230xxxxxxxx 扁桃,アデノイドの慢性疾患 12 7.1 8.12 0.0 16.8 扁桃摘出術
030428xxxxxxxx 突発性難聴 - - 9.37 - - 突発性難聴
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 - - 7.47 - - 副鼻腔手術
最も多いのは慢性化膿性中耳炎,中耳真珠腫に対する鼓室形成手術のための入院となっています。2番目に多いのは扁桃周囲膿瘍,急性扁桃炎,急性咽頭喉頭炎に対する手術以外の治療のための入院で、当疾患では年齢層が幅広く他の疾患と比較すると平均年齢が若くなっています。3番目に多いのは扁桃,アデノイドの慢性疾患(手術の有無は問わない)による入院で小児あるいは20代~30代が多く、平均年齢が17歳と若くなっています。
10症例未満の場合、「-」で表示してあります。
心療内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070510xx99xxxx 痛風,関節の障害(その他) 手術なし - - 12.41 - -
07034xxx99xxxx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む) 手術なし - - 12.95 - -
170040xxxxxxxx 気分[感情]障害 - - 20.63 - -
- - - - - - -
- - - - - - -
入院治療においては、当科通院中のうつ病患者さんに対する安静休養目的の入院や、心身症領域疾患の薬物調整などを主に行っています。
10症例未満の場合、「-」で表示してあります。
血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
2017(平成29)年4月より診療再開となりました。詳細なデータは次年度より掲載いたします。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
2017(平成29)年4月より診療再開となりました。詳細なデータは次年度より掲載いたします。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 42 12 - - - 34 1 7
大腸癌 46 28 32 24 - 62 1 7
乳癌 48 85 17 - - 34 1 7
肺癌 36 17 29 48 - 149 1 7
肝癌 17 12 - - - 128 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大がんと呼ばれる胃、大腸、乳腺、肺、肝臓のがんについて初発は国際的ながんの分類法であるUICC病期分類を用いて集計し、再発の件数も集計しています。病期分類は数字が大きいほどがんが進行していることを示しています。当院では肺がんが最も多く、次いで大腸がん、乳がんの順となっています。胃がんや乳がんではStageが低く、肺がんではStageが高くなっています。胃がんではStageⅠの患者さんへ内視鏡的治療(粘膜下層剥離術等)を積極的に行っているため件数が多くなっています。乳がんは昨今の報道などによる受診率向上や健診の普及により比較的早期に治療が開始されていますが、一方で肺がんは手術の適応とならない進行がんが依然として多い事がわかります。当院は緩和ケア病棟を有しており、治療が困難と診断された患者さんの苦痛を和らげる緩和ケア治療の体制も整えています。また、がん診療支援センターにおける多職種チームによる化学療法や臨床試験への診療支援と患者さんやご家族への相談支援体制を構築しています。
10症例未満の場合、「-」で表示してあります。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 57 11.7 58.0
中等症 124 16.3 79.3
重症 10 28.2 85.5
超重症 - - -
不明 - - -
市中肺炎の定義は非常に複雑ですが、一般的には自宅での生活が可能な健常者が罹患された肺炎で、年齢、脱水所見、血中酸素濃度、意識障害、血圧低下の5項目の該当数で重症度を分類(軽症0、中等症1~2、重症3、超重症4~5項目が該当)します。当院では軽症と中等症の割合が高く全体の9割超となっています。また、高齢者ほど重症度が高く、入院期間も長くなる傾向が分かります。
10症例未満の場合、「-」で表示してあります。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 10 10.0 77.6 0.0
その他 12 8.2 73.7 0.0
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 182 30.4 75.7 27.5
その他 42 23.3 72.9 11.9
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 54 5.5 75.8 0.0
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 13 5.7 66.5 0.0
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
当院では脳梗塞が全体の約7割を占めており、その内8割以上が発症から3日以内に治療を開始しています。脳梗塞では治療開始までの時間がその後のADL(日常生活動作)に大きく関わってきます。当院では脳卒中・神経センターを有し、急性期脳梗塞t-PA静注療法、またt-PA無効例や非適応例に対する血管内アプローチによる急性期血栓回収療法など、脳血管・神経内科と脳神経外科がチームによる連携した脳卒中治療体制を構築しています。
10症例未満の場合、「-」で表示してあります。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
肝臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 90 1.1 9.9 1.1 76.2 腹部血管造影療法
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 27 4.5 17.5 3.7 69.9 腹水濃縮濾過再静注
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他) 12 1.9 13.7 0.0 74.3 経皮的エタノール注入療法
K533-2 内視鏡的食道・胃静脈瘤結紮術 11 4.3 13.4 0.0 68.5 内視鏡的食道静脈瘤治療
K697-31ロ 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(2cm以内)(その他) - - - - - 経皮的ラジオ波焼灼療法
最も多いのは肝がんに対する血管塞栓術で、約半数を占めています。これは抗がん剤を悪性腫瘍の栄養血管から注入する手術です。2番目に多いのは肝硬変に対する胸水・腹水濾過濃縮再静注法で、約3割を占めています。これは採取した胸水・腹水から不必要なものを取り除き、濃縮して必要なものを静脈から点滴注入する手術です。
10症例未満の場合、「-」で表示してあります。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 214 0.4 1.4 0.0 70.0 大腸内視鏡検査
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 44 0.9 2.5 0.0 70.7 大腸内視鏡検査
K654 内視鏡的消化管止血術 39 1.4 18.9 15.4 72.6
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 27 1.0 4.3 0.0 69.4 内視鏡的大腸粘膜下層剥離術
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 21 1.0 6.7 4.8 74.5 内視鏡的胃粘膜下層剥離術
当院では内視鏡センターを有しており、多くの内視鏡による手術を取り扱っています。最も多いのは内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術で粘膜下層を注射で挙上して切除します。
循環器・高血圧内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 206 1.7 4.2 1.9 72.5 経皮的冠動脈形成術
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 24 0.6 12.3 4.2 76.0 経皮的冠動脈形成術
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 21 0.0 16.1 4.8 68.8 経皮的冠動脈形成術
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 19 2.7 16.5 4.8 82.4 ペースメーカー植え込み術
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 17 1.1 3.1 0.0 71.2 経皮的冠動脈形成術
経皮的冠動脈ステント留置術は、狭心症や不安定狭心症、急性心筋梗塞に対して行います。最も多いのは「その他」に分類されている狭心症に対する施術となっています。
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 173 0.3 1.1 1.7 71.3 経皮血管形成術.翌日透析
K610-3 内シャント設置術 59 3.5 12.2 3.4 67.2 シャント手術
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) 45 3.4 18.3 8.9 71.0
K608-3 内シャント血栓除去術 17 0.8 2.8 11.8 70.9
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 - - - - - 腹膜透析カテーテル留置術(SMAP)
腎臓内科では人工透析のシャント拡張術や血栓除去術、新たにシャントを設置するための手術を行っています。
10症例未満の場合、「-」で表示してあります。
脳血管・神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K178-4 経皮的脳血栓回収術 - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
当院脳卒中・神経センターでは脳血管・神経内科と脳神経外科による脳卒中治療体制を構築し、急性期脳梗塞治療であるt-PA静注療法の無効例や非適応例に対する血管内アプローチによる急性期血栓回収療法も行っています。
10症例未満の場合、「-」で表示してあります。
消化器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 80 1.9 7.6 1.2 64.2 腹腔鏡下胆嚢摘出術
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 61 3.4 12.9 3.3 76.0 内視鏡的逆行性胆管膵管造影
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 55 4.8 20.1 5.5 75.8 結腸切除術
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 44 0.3 4.5 0.0 61.1 CVポート挿入
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ) 37 3.5 7.2 0.0 75.2 内視鏡的逆行性胆管膵管造影
最も多いのは腹腔鏡下胆嚢摘出術で全国的にも件数の多い手術となっています。当科では鏡視下手術(腹腔鏡手術)に幅広く対応し大腸などの手術なども行っています。2番目に多いのは内視鏡的胆道ステント留置術で、十二指腸から胆管へ逆行してチューブを挿入し、胆管を拡げた後にステント(金属製網目状の筒)を留置する事で胆管が再び狭くならないようにします。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 21 1.0 6.6 0.0 69.9 胸腔鏡補助下肺切除術 肺がん
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 20 3.6 3.7 0.0 14.3 胸腔鏡補助下肺切除術 気胸・肺腫瘍・縦隔腫瘍
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 20 1.5 4.9 0.0 71.9 胸腔鏡補助下肺切除術 肺がん
K5132 胸腔鏡下肺切除術(その他) - - - - - 胸腔鏡補助下肺切除術 気胸・肺腫瘍・縦隔腫瘍
K513-2 胸腔鏡下良性縦隔腫瘍手術 - - - - - 胸腔鏡補助下肺切除術 気胸・肺腫瘍・縦隔腫瘍
肺がんに対する胸腔鏡下手術が約6割を占めています。2番目に多いのは気胸などに対する手術となっており、自然気胸は痩せ型の若い男性に多いため、平均年齢が他の疾患より若くなっています。
10症例未満の場合、「-」で表示してあります。
乳腺外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 33 1.0 7.2 0.0 64.4 乳房手術(乳癌)
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 31 1.0 4.5 0.0 56.9 乳房手術(乳癌)
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない) 14 1.0 8.1 0.0 62.7 乳房手術(乳癌)
K4742 乳腺腫瘍摘出術(長径5cm以上) - - - - - 乳房手術
K4764 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴う)) - - - - - 乳房手術(乳癌)
乳腺外科では乳腺悪性腫瘍に対する手術が9割を超えています。切除する範囲やリンパ節の郭清(切除)の有無により手術の種類(Kコード)が分けられています。
10症例未満の場合、「-」で表示してあります。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 21 2.1 16.4 4.8 81.4
K1781 脳血管内手術(1箇所) 18 1.8 22.8 11.1 67.3
K178-4 経皮的脳血栓回収術 12 0.0 34.8 91.6 72.8
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) - - - - -
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 - - - - -
最も多い頭蓋・頭蓋内損傷などにおける慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術が約2割となっています。平均年齢が81歳と高齢で、救急の割合も高くなっています。次いで経皮的脳血栓回収術を含む脳血管内手術となっています。
10症例未満の場合、「-」で表示してあります。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 82 3.2 40.2 41.5 83.5 大腿骨近位部骨折・骨接合
K0821 人工関節置換術(股) 60 2.2 43.0 5.0 70.7 THA人工股関節全置換術
K0462 骨折観血的手術(前腕) 42 2.7 26.4 4.8 63.3
K0811 人工骨頭挿入術(股) 41 4.6 32.4 58.5 82.6 大腿骨近位部骨折・人工骨頭置換術
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除) 33 3.3 44.2 0.0 73.2 椎弓切除術/ヘルニア切除術
整形外科では、最も多い骨折観血的手術において平均年齢が83.5歳となっており、80歳以上の方が78%を占めています。人工関節置換術および人工骨頭挿入術は当科手術の25%を占めています。骨折の手術や人工骨頭挿入術においては、炎症や発熱が落ち着いてから手術を実施することがあるため、術前日数が少し長くなっています。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満) - - - - -
K0134 分層植皮術(200cm2以上) - - - - -
K0131 分層植皮術(25cm2未満) - - - - -
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) - - - - -
K0102 瘢痕拘縮形成手術(その他) - - - - -
最も多いのは皮膚、皮下腫瘍摘出術となっています。熱傷は2割弱となっていますが、当院ではICUに熱傷用浴室を独立して有しており、救急・集中治療部とチームで治療にあたります。
10症例未満の場合、「-」で表示してあります。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877 子宮全摘術 16 1.4 11.8 0.0 49.2 単純子宮全摘術
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹) - - - - - 子宮全摘・付属器切除
K889 子宮附属器悪性腫瘍手術(両側) - - - - -
K8654 子宮脱手術(腟壁形成手術及び子宮全摘術)(腟式、腹式) - - - - -
K9091 流産手術(妊娠11週まで) - - - - -
子宮全摘術が4割を占めています。主たる手術のみを集計していますが、同時に卵巣の子宮附属器腫瘍摘出術(両側)を行う症例が多くなっています。
10症例未満の場合、「-」で表示してあります。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 16 0.0 3.5 0.0 78.8 皮膚科手術1泊2日
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満) 14 0.1 1.2 0.0 56.8 皮膚腫瘍切除2泊以上
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満) 13 0.1 1.2 0.0 66.5 皮膚腫瘍切除2泊以上
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) 11 0.0 1.6 0.0 66.4 皮膚腫瘍切除2泊以上
K0061 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm未満) 10 0.0 1.0 0.0 63.4 皮膚腫瘍切除2泊以上
最も多いのは皮膚悪性腫瘍切除術となっています。また、全体の約4割を占めている皮膚、皮下腫瘍摘出術では小さなほくろや粉瘤などの皮膚腫瘍は外来で切除術を、大きなものや皮下腫瘍は必要に応じて短期入院での手術を行っています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 電解質溶液利用のもの 40 1.1 5.6 0.0 75.1 経尿道的膀胱腫瘍摘出術
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 19 0.6 2.7 0.0 82.1 経尿道的尿管ステント留置術
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 - - - - - 腎臓摘出術
K797 膀胱内凝血除去術 - - - - -
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 その他のもの - - - - - 経尿道的膀胱腫瘍摘出術
最も多いのは膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 電解質溶液利用のものとなっています。膀胱がんに対する手術件数は泌尿器科手術の約4割を超えています。
10症例未満の場合、「-」で表示してあります。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K319 鼓室形成手術 37 1.1 8.6 0.0 44.9 鼓室形成術
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 14 1.0 5.2 0.0 15.2 扁桃摘出術
K318 鼓膜形成手術 - - - - - 鼓膜形成術
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 - - - - - 鼓膜形成術
K3932 喉頭腫瘍摘出術(直達鏡) - - - - -
耳鼻咽喉科では鼓室形成術が最も多く約25%を占めています。次いで口蓋扁桃手術(摘出)、鼓膜形成手術となっています。
10症例未満の場合、「-」で表示してあります。
血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
2017(平成29)年4月より診療再開となりました。詳細なデータは次年度より掲載いたします。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
2017(平成29)年4月より診療再開となりました。詳細なデータは次年度より掲載いたします。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 6 0.07
180010 敗血症 同一 19 0.24
異なる 17 0.21
180035 その他の真菌感染症 同一 1 0.01
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 286 3.59
異なる 13 0.16
臨床上全くなくなることはあり得ないものの、少しでも改善すべきものとして、播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌症、手術・処置等の合併症の患者数および全患者に対する割合を集計しています。当院では敗血症のうち97%が救急対応となっています。また、手術・処置等の合併症においてはそのうち85%が人工透析のシャント拡張術や血栓除去術、新たにシャントを設置するための手術となっており、本来の合併症とは内容が異なっています。播種性血管内凝固症候群の入院契機病名の5割は胆管あるいは胆嚢炎となっています。
10症例未満の場合、「-」で表示してあります。
更新履歴
2016/09/29
平成27年度 病院指標を掲載しました
2016/10/13
以下の2箇所の解説欄に追記しました。
・診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)の耳鼻咽喉科
・診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)の耳鼻咽喉科
2017/09/29
平成28年度 病院指標を掲載しました