看護部長からのメッセージ

看護部長
副院長・看護部長 倉地 美智子

少子・高齢化が急速に進み、療養の場を「医療機関から暮らしの場へ」と変革の時代を迎えています。これからの看護師には、患者さんが安心して住み慣れた地域で過ごせるよう退院後の生活に視点を置き、地域の多職種と連携し看護を繋げていくことが必要です。
看護部では、理念である「心のかよいあう思いやりのある看護」の実現にむけて、患者さんの人権を尊重し患者さんやご家族の立場で最善の看護を行うことを目指しています。
看護職として「患者さんにとって今必要なことは何か」を考え、専門性の高い技術と患者さんに寄り添える感性豊かな看護師に一人ひとりが成長できるように努めていきます。
また、「思いやりの心」を看護の原点に患者さんやご家族、一緒に働くスタッフなど相手を思いやる心を大事にし、看護職員全員が専門職業人として明るく、やりがいをもち活き活きと看護の実践ができる職場環境づくりに全力をつくしていきます。

看護副部長からのメッセージ

副看護部長(業務担当) 東 久美

看護部で総務及び業務全般の調整を中心に担当しています。
主な業務として、看護部内の委員会の統括、看護職員の労務管理や職場環境の調整に加え、各部署の業務上の相談や支援を行っています。
患者さん及び看護職員の安全な環境を整えるための物品管理や業務改善に取組み、ベッドや周辺機器などの更新も計画的に実施しています。今年度は「働き方改革」として、時間外勤務の削減が目標です。各部署1日1人は残業せず定時で退社できるよう「NO残業day」を推進しています。

副看護部長(教育担当) 杉本 美由紀

教育担当として、看護部主催の研修開催、実習受け入れの調整等の業務に携わっています。『質の高い看護サービスを提供できる看護職員を育成すること』を教育理念として、個々のキャリア開発、専門職業人としての成長を支援できる教育環境をスタッフへ提供できるよう現場の意見を聞く事をモットーとしています。