血糖値スパイク検診 (14日間持続自己血糖測定)

1日の中で血糖値は変動します。最近、注目されている「血糖値スパイク」とは、食後の短時間だけ血糖値が急激に上がる症状のことですが、時間がたつと正常値に戻るため、一般的な健康診断では発見が難しく、自覚症状もありません。

気づかずに放っておくと、糖尿病になる可能性がきわめて高く、心筋梗塞や脳梗塞が突然起こるリスクも高いとされています。

高血圧や高血糖、脂質異常を指摘されている方、ご家族に糖尿病の方がいらっしゃる方は、特に注意が必要で、ご自分の血糖変動を知ることは大切です。

すでに糖尿病治療中の方は、血糖変動を見つけ修正を行うことで、より良い血糖コントロールの実現が期待できます。

血糖値スパイク検診の特徴

Free StyleリブレPro
Free StyleリブレPro
  1. 上腕部裏側にセンサーを取り付けるだけで、24時間連続・最長14日間の血糖値が測定できます
  2. 耐水性で入浴や水泳などのアクティブな活動も可能です
  3. 測定結果は専用リーダーで読み取り、レポートが作成されます

血糖値スパイク検診の流れ

  • 来院後、健康チェックルームで申し込み手続きを行います
  • 臨床検査技師が上腕部にセンサーを取り付けます
  • 検診に関する必要な説明を行った後、帰宅していただきます
  • 2週間後、再度、健康チェックルームに来ていただき、検査技師がセンサーを取り外します
  • 同日、センサーを解析して、糖尿病内科医師が結果説明をして終了となります
対象者
①まだ糖尿病と診断されていない方
②食事療法または内服のみの糖尿病の方
料金
8,000円(税込み)
検査受付時間
平日(土・日・祝日を除く) 13:00~15:00

お問い合わせ

社会医療法人 製鉄記念八幡病院
健康チェックルーム (平日:13:00~16:00)

TEL093-671-9563