見学のご案内

新型コロナウィルス感染症拡大に伴う臨床研修医採用活動の対応について

政府の緊急事態宣言発出を受け、当院の臨床研修医採用活動について、極力後ろ詰めとしたスケジュールに変更いたしましたのでお知らせいたします。

また、今後の感染動向やマッチング協議会のスケジュール変更等があれば、都度変更をいたしますので当院ホームページをご確認願います。

実施項目 例年実施日 本年度スケジュール
前後期 追加 備考
試験日確定 6月中旬 同左 同左
受験案内 6月下旬 同左 同左 受験案内送付期日後の見学者は見学時に募集要項配布します、またホームページ掲載の応募書類から直接応募も可能とします(現在掲載分は昨年度分です、本年度分は受験日確定次第掲載予定)
見学締め切り 6月30日 7月15日 7月31日 見学なしでの受験や、応募後の見学も可とします
応募締め切り 7月20日 7月31日 8月20日 面接枠に余裕があれば締切後の応募にも柔軟に対応します
前期面接試験 8月上旬 同左
後期面接試験 8月下旬 同左
追加面接試験 9月上旬

移動禁止の指示が出ている大学も有るとのことから、見学時の説明に使用しております当院パンフレットと臨床研修プログラムにつき郵送対応いたします。

請求手続き
見学申請の手続き画面にて、見学希望日を第1第2共に00月00日と記入し備考欄に「資料希望」と入力いただければ、入力いただいた住所宛郵送いたします。

ご不明な点やご質問等ありましたら、総務・人事課飯田宛連絡願います。

ご案内

病院概要、臨床研修プログラム概要等の説明後、院内を見学していただきます。

内容
募集資格 次年度(または次々年度)医師免許取得予定者
見学期間 7月31日まで
ただし、土・日・祭日ほか、当院の休診日は除く
見学日 毎週月曜日、水曜日、および木曜日を基本とします。
(他の曜日も案内者の都合がつけば可能/要相談)
申し込み方法 下記申し込みフォームより
応募締切 見学希望日の10日前
備考
  • 当日8:45までに管理棟3階総務課までお越しください。(15:00終了予定)
  • 白衣およびネームプレートは当院で準備します。
  • 当日の昼食は当院で準備します。
  • 見学に際して生じる宿泊・交通費等につきましては自己負担願います。
  • 当院では見学受入は1回に限らせていただいています。

申し込みフォーム

*は必須項目です。

氏名*
ふりがな*
性別*
年齢*
満   歳
生年月日
 年   月   日
現住所*
連絡先電話番号
E-mail*
大学名*
卒年*
令和   年
見学希望日*
第1希望
 月  日   
第2希望
 月  日
白衣サイズ*
要望・ 連絡事項

  1. 当院からの連絡はメールを基本といたしますが、その他の手段を希望される場合、要望事項欄に通信方法を明記ください。
  2. 見学希望日を優先いたしますが、対応者のスケジュールによっては変更の可能性もあるため、複数日を記載ください。見学日が決定次第連絡いたします。
  3. 見学は9時から15時が基本です。見学日の朝8時50分までに当院管理棟3階総務課までお越しください。白衣は当方で準備いたします。
  4. 不明な点や質問等は総務部総務課飯田(はんだ)宛てに連絡ください。
    e-mail handa.s@ns.yawata-mhp.or.jp
    tel:093-672-3176

見学スケジュール

時間 内容 対応者
9:00~10:00 病院概要、プログラム概要説明 総務課・飯田
10:00~11:00 院内案内 総務課・飯田
11:00~12:00 手術見学 麻酔科
12:00~13:00 昼食 総務課・飯田(プログラム責任者・柳田腎臓内科部長)
13:00~15:00 救急研修見学 1年次研修医
15:00 オプションにて希望科見学 各科医師

当院で研修をお考えの皆さまへ

初期研修医/2020年 採用 渡邉 菜穂子

将来、内科医として患者さんを総合的にみることのできる医師になりたいと思い、幅広く内科の診療科がそろっている当院を志願しました。北九州市八幡東区は高齢化率36%と、日本のなかでも高齢化の進んだ地域です。
高齢者はひとつの疾患だけではなく、複数の疾患が複雑に絡み合い不調をきたしていることが多くあります。学生時代とは違い、一対一対応でない問題に頭を悩ませることも多いですが、そのような患者さんとかかわることで、様々な視点から患者さんをみる力を養うことができているのではないかと考えています。
また、難しい問題に直面したときには上級医の先生方が診療科の垣根をこえて、様々なことを教えてくださり、大変充実した日々を過ごしています。
研修医同士も同期、先輩方ともに仲がよく、とても楽しい研修医生活を送っています。ぜひ一度、見学に来ていただき、病院の雰囲気を感じてみてください。


初期研修医/2020年 採用 添田 浩史

地元である北九州市でなじみの深い病院だったので、研修病院に選びました。指導医や上級医の先生方にとても相談しやすく、救急外来で対応に困った場合でも、すぐに連絡を取ることができ、疾患についての考え方や様々な対処法を勉強することができます。
「研修中は自分ができる全てのことをやりなさい。できないこと、足りないことの責任は主治医の私が負うから」という指導医の先生の言葉が印象的でした。この言葉のおかげで、積極的に自分で考えられるようになったと思います。
入職した日から、新型コロナウイルスに対する感染防護の徹底した対応を学んでいます。この新型コロナウイルスが研修上のいろいろな制約になっているというよりは、感染症に対するスキルや知識を得るよい経験になっていると考えています。
研修医同士とても仲がいいです。ぜひ、一緒に頑張っていきましょう!


初期研修医/2019年 採用 辻 桐子

当院の研修の特徴は、なんといっても救急外来です。日当直当番の研修医が一人でファーストタッチを行う形態をとっており、問診・診察・検査を行い、ある程度方針が立った段階で、その日担当の上級医に相談するという流れになっています。
慣れないうちは、一人で救急対応を行うことに恐怖すら抱いていましたが、最終的な判断は必ず上級医のフォローがあります。また、患者さんの状態が不安定な場合は、早めに相談して上級医と共に診療を行う体制が整っています。看護師さんや他のメディカルスタッフの皆さんにも支えていただきながら救急業務にあたるにつれて、徐々にではありますが、ある程度の見通しを立てられることが増えてきました。
初期対応を任せてもらえることに加え、自分の立てた見通しを上級医の方針と照らし合わせることで、研修終了後の3年目以降を意識して臨むことができます。これは大きな強みだと思います。
救急外来は、研修医が思う存分動くことができる最大の現場といっても過言ではありません。この一年間の救急業務は何にもかえがたいものになっています。 皆さんもぜひ一度、見学に来ていただければ幸いです。


初期研修医/2019年 採用 佐藤 智輝

病院見学、臨床参加型実習で当院を訪れた際に、とても良い雰囲気の中で先生方が医療スタッフと連携して診療にあたっている姿が印象に残りました。早い段階から救急外来で研修医がファーストタッチを行うため、経験を多く積めると思い当院を選びました。上級医の先生方が丁寧に指導してくれること、研修医に担当させてくれる範囲が広いことが当院の特徴だと思います。
ある日、指導医の先生から「だれでも初めは失敗する。落ち込まずに積極的な姿勢を忘れるな」と言われました。今でも記憶に残っている言葉です。
残された初期研修もあとわずかとなりました。研修後に進もうと考えている診療科はもちろん、それ以外の診療科の症例も多く経験したいと思います。とくにICUでの管理、人工呼吸器について学びを深めたいです。
先生方も優しく、病院全体の雰囲気も良く、研修がとてもしやすい病院だと思います。北九州の市中病院で研修を考えているならおすすめの病院です!

病院見学担当者より

病院見学は曜日を指定して随時、受け入れております。都合がつかない場合はご連絡いただければ、非受入曜日での見学も調整可能です。また午後からの救急見学時には、救急で研修中の研修医はもとより随時、医局にて複数の研修医が気軽に相談に応じます。
研修の環境をはじめ、進路相談や福利厚生、医局の雰囲気など、生の声を確認いただけるよう配慮しております。また、標準コース以外に見学したい部署がありましたら、見学申請時にご連絡いただければ調整いたします。ぜひ一度、見学にお越しください。