リハビリテーション部

概要

リハビリテーションとは?

リハビリテーション(rehabilitation)の意味は、re(再び)habilis(適した、ふさわしい状態)ation(にすること)です。
リハビリテーションとは、病気やケガによって障害を負い、心と身体の両面で望ましくない状態に陥った方に、ふさわしいと思える状態に戻るためのお手伝いをするものです。リハビリテーションは病気やケガの症状はもちろん、患者さんの生活や人生へも関わる人間的で身近な医療です。

当院のリハビリテーション部は、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)による患者さん中心の包括的なリハビリテーションを実践しています。最近では、患者さんの早期回復をめざして手術前・手術後早期からの取り組みを展開しています。また、回復期リハビリテーションとの連携や、必要に応じて退院後の生活環境整備・家屋改造・介護機器導入の検討を患者さんと一緒に行います。

基本理念

患者さんの「人間としての尊厳の回復」をめざし「QOL(生活の質)」の向上を考慮した最新・最良のリハビリテーション治療を提供いたします。

業務内容

理学療法士:PT(Physical Therapist)

病気・けがなどを受けた方に対し、おもに運動療法を用いて身体機能を改善させ、社会復帰を助ける治療です。理学療法士はそれぞれの患者さんの障害に応じた個別訓練を行い、家庭復帰・社会復帰を少しでも早く、また最大限に回復した状態で退院していただくためリハビリをすすめています。当院では身体機能の回復だけでなく、身体機能の維持および増進、未来の病気やケガを予防することも心がけて臨んでいます。体を動かす身体機能を回復することで、心の豊かさや余裕を取り戻し、社会復帰、そして未来の病気を予防しましょう。

作業療法士:OT(Occupational Therapist)

身体または、精神に障害のある方に対し、日常の動作やさまざまな活動に関わる生活動作訓練を行い、社会への適応能力の回復を図る治療です。患者さんそれぞれが喜びを感じられる社会復帰に向けて、さまざまな角度から援助していきます。訓練には身体面へのリハビリテーションのみでなく、食事・着替え・歩行・入浴・料理・洗濯など家庭復帰後の身近なシーンを想定した幅広い訓練を実施しています。



言語聴覚士:ST(Speech-language-hearing Therapist)

私たちは、失語症、構音障害、音声障害といったコミュニケーション障害や、嚥下障害、高次脳機能障害、末梢性顔面神経麻痺、聴覚障害(補聴器外来)などに対する様々なリハビリを行っています。その中で嚥下障害の患者さんが約7割以上を占めており、当院では耳鼻咽喉科医師、歯科医師のもと嚥下造影検査や嚥下内視鏡検査を積極的に行い、飲み込みの状態を詳しく確認しながら、実際の食事場面で食べたり飲んだりする訓練を行います。“食べる”ということは生きる上で最も重要で、そこに携わり、食べる喜びを感じてもらうことが私たちのやりがいの一つとなっています。口から食べられない方でも、少しでも食べる楽しみを得られるよう、摂食・嚥下障害看護認定看護師や管理栄養士、歯科衛生士など多職種と連携して患者さん一人ひとりに応じたサポートが行えるよう心がけています。

視能訓練士:CO(Certified Orthptist)

視能訓練士とは、眼科医の指示のもと視機能検査や、斜視・弱視の検査・訓練を行う眼科専門の医療技術者です。視機能の検査には視力・眼圧・視野・色覚などさまざまなものがあり、これらの検査を各患者さんの症状に合わせて行い、的確なデータを医師に提供し治療のサポートをしています。また、矯正可能な斜視・弱視に対して、両眼視機能を回復させるために検査・訓練・治療を行ったり、病気で視力が低下した患者さんに、専門の眼鏡や補助器具を選ぶ手助けを行ったりもしています。
私たち視能訓練士は、乳幼児からお年寄りまで、皆さんの大切な目の健康を守るお手伝いをしています。

歯科衛生士:DH(Dental Hygienist)

歯科衛生士とは、歯科医師の指示のもと、歯科予防処置・歯科診療補助・歯科保健指導を行う専門職です。
当院の歯科・口腔ケア科は「周術期口腔機能管理」に重点を置いています。主に全身麻酔手術・化学療法・放射線療法時におこるお口のトラブルや術後の合併症を予防するために、歯科衛生士はセルフケアの指導や専門的な口腔ケアを行っています。また、緩和ケア病棟をはじめ入院中にご自身での口腔衛生管理が困難な患者さんには訪室にて対応しています。

その他

リハビリテーションスタッフ

(2021年4月1日現在)

患者さんの「人間としての尊厳の回復」をめざし「QOL(生活の質)」の向上を考慮した最新・最良のリハビリテーション治療を提供いたします。

  • 専任医師:1名
  • 理学療法士:24名
  • 作業療法士:11名
  • 言語聴覚士:4名
  • 視能訓練士:3名
  • 歯科衛生士:2名
  • 助手:5名

疾患別施設基準

  • 脳血管疾患等リハビリテーション(Ⅰ)
  • 運動器リハビリテーション(Ⅰ)
  • 呼吸器リハビリテーション(Ⅰ)
  • 心大血管疾患リハビリテーション(Ⅰ)
  • がん患者リハビリテーション(Ⅰ)
  • 廃用症候群リハビリテーション(Ⅰ)

対象疾患

  • 整形外科疾患
  • 脳血管、脳神経障害
  • 循環器疾患
  • 呼吸器疾患
  • がん疾患、乳がん
  • 熱傷、切断
  • 糖尿病
  • 摂食嚥下機能障害
  • その他 運動機能障害、廃用症候群

チーム医療への参加

  • 脳卒中・神経センター
  • 呼吸サポートチーム(RST)
  • 嚥下サポートチーム(SST)
  • 整形外科リハビリテーション
  • 心臓リハビリテーション
  • がんリハビリテーション
  • 緩和ケア病棟におけるリハビリテーション
  • 乳がん治療専門チーム(マンマチーム)
  • 栄養サポートチーム(NST)
  • 熱傷患者のリハビリテーション
  • 糖尿病教育入院
  • 腎臓病教室
  • 摂食・嚥下機能に対する取り組み
  • 口腔ケア
  • 地域包括ケア病棟
  • 脳卒中地域連携パス
  • 大腿骨近位部骨折地域連携パス
  • 認知症ケアラウンド

学術活動(2020年)

学会発表

発表演題名 発表者 学会名称
「予備力のある人工呼吸器挿管患者は自宅退院可能である」 後藤圭 第46回日本集中治療医学会学術集会
リハビリテーションを行っていない肺炎患者の退院時ADLに影響を与える因子 後藤圭 第7回 日本サルコペニア・フレイル学会大会
重症肺炎後うつ病を呈し運動療法に難渋した症例1 後藤圭 第42回日本呼吸療法医学会学術集会
運動失調を呈する急性期脳卒中患者における中期機能予後に対するSARAの予測妥当性 山内康太 STROKE2020
人工膝関節全置換術前の術前因子が入院期間に及ぼす影響 山守健太 第29回福岡県理学療法士学会
視床下核脳梗塞後のヘミバリズムが長期化し、ADL低下に至った一症例 田中翔太
健常若年成人における異なる測定条件下でのFive times sit to stand testの信頼性 熊谷謙一
疾病予防・介護予防を目的とした地域在住高齢者における疾病教育と継続的な運動指導の効果 林雄李
難治性小腸瘻で腸管使用が困難であったが、NST介入を継続し良好な転帰を得た一例 原山永世 第35回日本臨床栄養代謝学会学術集会2020
人工膝関節全置換術患者におけるリハビリ・食事摂取量は術後の骨格筋量変化と関連するか? 山守健太

論文、雑誌寄稿

著者 共同研究者 題名 誌(書)名 巻:頁
Mii S Shimazoe H Ishida M et al. Preoperative nutritional status is an independent predictor of the long-term outcome in patients undergoing open bypass for critical limb ischemia Ann Vasc Surg 64:202-212.
Hanada M Yamauchi K et al. Short-Physical Performance Battery (SPPB) score is associated with postoperative pulmonary complications in elderly patients undergoing lung resection surgery: A prospective multicenter cohort study Chronic Respiratory Disease 17: 1-8.
原山永世 山内康太
熊谷謙一
小柳靖裕
重度Pusher現象に対し視覚的フィードバックを利用した長下肢装具を装着しての立位練習により座位保持能力の改善を認めた1症例 理学療法福岡 33:117-123
上野真副 山内康太
熊谷謙一 等
簡易型膝関節伸展筋力測定器の信頼性および妥当性 理学療法福岡 33:83-87
島添裕史 末梢動脈疾患の運動療法 Journal of CLINICAL REHABILITATION 29(4):348-353
鈴木裕也 サルコペ二アに対するリハビリテーションと栄養 栄養と運動で筋肉を守ろう Nursing Care+ 2(4):535-541
池永千寿子 生活活動(NEAT)を増やすための工夫 DM Ensemble 41(9):21-26

学術活動(2019年)

学会発表

発表演題名 発表者 学会名称
Bed上で行う運動はどの程度の筋活動をしているか 鈴木 裕也 第28回福岡県理学療法士学会
ICU入室の低BMI重症患者に対する積極的栄養療法の取り組みと結果 鈴木 裕也 第34回日本静脈経腸栄養学会学術集会シンポジウム
有酸素運動の持続運動時間の延長により著明な血圧低下を来した高齢重症心不全の2症例 島添 裕史 第29回日本老年医学会九州地方会
人工呼吸器患者における早期離床の実施率およびエキスパートコンセンサスによるリスク分類の判別 山内 康太 第46回日本集中治療医学会学術集会
ICU患者における入院前要介護患者の退院時ADL変化 後藤 圭
頻脈発作を繰り返した心原性脳梗塞の一症例~リスク管理の共有~ 田中 翔太 第2回八幡地区医療懇話会
慢性心不全の増悪で入院を繰り返す症例における増悪因子の検討 山守 健太
うっ血性心不全患者の起立性低血圧および自律神経反応と予後との関連 島添 裕史 第25回日本心臓リハビリテーション学会学術集会
過去1年に3回以上入院した高齢心不全患者の特徴 永田 鉄郎
人工呼吸器挿管患者の退院時ADLに影響を与える因子の検討 後藤 圭 第41回日本呼吸療法医学会学術集会
血管内治療施行後に遅発性白質病変が進行した右内頚動脈閉塞症の理学療法経験 原山 永世 第17回日本神経理学療法学会学術大会
居住環境に即したADL練習を含む心臓リハビリテーションが有効であった三尖弁置換術後Fallot四徴症の一症例 島添 裕史 第5回日本心臓リハビリテーション学会九州地方会
末期変形性膝関節症患者におけるダイナペニア・サルコペニア有病率と身体機能について 鈴木 裕也 北九州リハビリテーションセミナー
急性期病院における市中肺炎患者のClinical Frailty Scaleの変化と低下に影響を与える因子の検討 後藤 圭 第6回日本サルコペニア・フレイル学会大会
大腿骨頸部骨折術後の術後1週間のエネルギー摂取量は回復期病院退院時のADL能力改善に影響しているか? 鈴木 裕也 第9回日本リハビリテーション栄養学会学術集会

論文、雑誌寄稿

著者 共同研究者 題名 誌(書)名 巻:頁
山内 康太 熊谷 謙一
萩原 理沙
小柳 靖裕
荒川 修治
運動失調を呈する急性期脳卒中患者におけるScale for the Assessment and Rating of Ataxiaによる運動失調重症度評価の有用性
-退院時転帰先予測および反応性について-
理学療法福岡 32:75-80
山内 康太 学会発表のポイント
-抄録の書き方-
理学療法福岡 32:69-71
藤達砂耶 山内 康太 等 脳梗塞発症後に軽度の運動麻痺と著明に歩行能力や「バランス機能が低下した症例: 自転車エルゴメーターの回転数に着目したABデザインによる介入 理学療法福岡 32:132-135
Hanada M Yamauchi K
et al.
Geriatric Nutritional Risk Index, a predictive assessment tool, for postoperative complications after abdominal surgery: A prospective multicenter cohort study. Geriatr Gerontol Int. 19: 924-929.
Taito S Yamauchi K
et al.
Does enhanced physical rehabilitation following intensive care unit discharge improve outcomes in patients who received mechanical ventilation? A systematic review and meta-analysis. BMJ Open. 9:e026075
Shimazoe H Koyanagi Y
Ishida M
et al.
Impact of low activity of daily living on the prognosis of patients with clitical limb ischemia and sarcopenia Ann Vasc Surg 61:156-164
Mii S Shimazoe H
Ishida M
et al.
Impact of the geriatric nutritional risk index on the long-term outcomes of patients undergoing open bypass for intermittent claudication Circ J 83(6):1349-1355
黒塚智幸 【アスリートとOT】OT、選手の両方の立場から見た障害者スポーツについて 作業療法ジャーナル 53(6):921-924