皮膚科

特色

皮膚の病気は、人目に触れるところに症状がでることがあり、患者さんの「生活の質」が低下してしまうことが多いのが特徴です。皮膚に病変がでる原因には、感染症、アレルギー、自己免疫の異常、代謝異常、皮膚細胞の異常増殖、そして内臓疾患の関連など、多くのものがあります。
わたしたちは症状の原因を探して、それぞれの病気や皮膚の状態にあった治療を行うことで患者さんの「生活の質」を上げることをめざしています。
当院皮膚科の外来では、一般皮膚科学的治療、紫外線療法(紫外線治療器Vトラック)や褐色の色素斑に有効なレーザー治療など特殊治療、良性皮膚腫瘍に関しては局所麻酔下での日帰り手術などを行っています。
入院治療としてはおもに蜂窩織炎、帯状疱疹など皮膚疾患を中心に乾癬、水疱症などの寛解導入療法、手術が必要な疾患に対して植皮術や皮弁形成術までを行っています。また、急性期病院の皮膚科として、全身性疾患にともなう皮膚の随伴症状について入院中や退院後のサポートを行っています。

診療担当表

 
午前 中尾 中尾 *和田 中尾 中尾
江藤   江藤 江藤 江藤

扱う疾患

  • 皮膚良性腫瘍(ほくろ、おでき、あざなど)
    イボに対する液体窒素療法、小さなホクロや粉瘤などの皮膚腫瘍は外来で切除術を、大きなものや皮下腫瘍は必要に応じて短期入院での手術を行っています。
  • 悪性腫瘍(皮膚上皮内がん、基底細胞がんなど)
    原則として、外科的に根治可能な上皮内がんや早期がんを中心に治療を行っています。皮膚は直接観察することができるため、皮膚がんは比較的早期に発見することができます。皮膚がんの種類によっては湿疹や母斑(ほくろ)との見分けが難しいものが多いのですが、当科ではダーモスコープや病理検査を用いて正確な診断をつけることで、個々の患者さんに適した迅速な治療を提供できるよう心がけています。
  • アレルギー疾患(じんましん、アトピー性皮膚炎、金属アレルギー、薬疹など)
    原因や増悪因子の検索から、外用や内服治療、スキンケア、生活指導を行い、病態に応じた適切な治療をめざします。
  • 皮膚科慢性疾患(乾癬、魚鱗癬、水疱症、膿疱症など)
    重症例ではステロイド剤、免疫抑制剤、分子標的治療薬などの投与が必要なこともあります。これらによる副作用に留意しながら、患者さんそれぞれの病態、病勢に応じた適切かつ迅速な治療を行っています。
  • 感染性皮膚疾患(蜂窩織炎、丹毒、帯状疱疹など)
    重症の患者さんは入院治療の上、他科との連携による合併症の防止と治療、全身状態の管理を行っています。
  • 色素性病変
    青・黒・茶アザやシミに対するQスイッチ・アレキサンドライトレーザー療法も行っています。

実績

  2016
手術 190
悪性腫瘍 15
良性腫瘍 125
膿皮症 33
皮膚潰瘍 9
その他 8

こんな症状ありませんか?

ほくろ、おでき、あざ など
色のある皮膚病変は色素を持つ細胞の増加により生じます。皮膚拡大鏡という器具を用いて色素の分布を確かめることで、それぞれの病変に適した加療を行っています。
体にできた帯状の水ぶくれ
ちいさな時に水ぼうそうにかかりますが、この原因ウイルスは体の中に潜み続けています。体が疲れたときなどにウイルスが活性化し体の一部分に水ぶくれを作るのが帯状疱疹です。ウイルスに対する治療薬が必要となります。
体にできるミミズ腫れ
体に痒みを伴うミミズ腫れができたときはじんま疹を疑います。じんま疹は原因の暴露後すぐに症状が出るのが特徴です。検査を行い原因物質がわかれば、原因の除去により症状の改善が見込めます。
肘の内側、膝裏にできる湿疹
アトピー性皮膚炎は湿疹を起こしやすい体質の方に発症し、肘の内側や膝裏に病変ができるのが特徴です。増悪因子の検索や、外用や内服治療、スキンケアを通した病勢に応じた治療が必要になります。
爪が濁っている
爪が濁る原因としては爪水虫が有名ですが、水虫が関与していなくても爪が濁ることがあります。治療方針を決めるためには検査を行い水虫菌の存在を確かめることが必要です。

症状まとめページへ