呼吸器内科

特色

急性疾患や慢性疾患の急性増悪など、呼吸器疾患全般の急性期の診療を中心に行っていますが、地域医療機関(かかりつけ医)の支援病院として、病診連携を図り実践しています。また、標準的で適切な診療を提供するように心がけています。
入院患者さんのほとんどは地域医療機関からのご紹介で、地域の医療機関と研究会や症例検討会などを開き、治療等について意見交換ができる場を頻回に持つようにしています。
院内では、全医師およびコ・メディカルスタッフが参加するカンファレンスを行い、診断・診療方針を検討しています。

診療担当表

 
外来 午前 古森 中垣 古森
(紹介のみ)
古森 古森
(再診のみ)
      中垣
(再診のみ)
中垣

扱う疾患

地域医療機関(かかりつけ医)から診療を依頼された患者さんについて、呼吸器疾患全般の診療を行っています。入院患者数の多い疾患は肺がん、肺炎、気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、睡眠時無呼吸症候群などです。

肺がん 各科と連携して、手術療法(外科)、放射線療法(放射線科)、化学療法(当科)の中から単独あるいは組み合わせて適切な治療を行います。他施設・研究機関と共同して、新しい治療法についての検討も行っています。
肺炎 適切な治療により、早期退院をめざしています。比較的まれな種々の呼吸器感染症にも対応しています。
気管支喘息
慢性閉塞性肺疾患
(COPD)
肺気腫などの慢性呼吸器疾患は、急性増悪期の診療を中心に行っています。安定期には地域医療機関(かかりつけ医)と協力して、日常診療に取り組むようにしています。
間質性肺炎 詳細な病歴聴取、諸検査を行ったうえで、気管支鏡検査、外科生検の要否を考え診断できるようにつとめています。
そのほか多彩な肺疾患についても、症例の経験が豊富です。
睡眠時
無呼吸症候群
睡眠時無呼吸症候群の検査(ポリソムノグラフィー)・治療についても積極的に取り組んでいます。

診療の標準化・質の向上への取り組み

肺がん化学療法、肺炎、睡眠時無呼吸症候群などにつき、クリニカルパスを用いて標準化に 取り組んでいます。

こんな症状ありませんか?

気管支ぜんそく
気管支の壁が腫れ、気管支を取り囲んでいる筋肉が収縮して気管支が狭くなる病気で、せきやたんが出やすくなり、ゼーゼー、ヒューヒューという音(ぜんめい、喘鳴)を伴って息苦しくなります。
気管支ぜんそくは、成人では3~5%が罹っています。高齢になって初めてぜんそくになる方も少なくありません。ぜんそくの炎症はダニやハウスダスト、花粉、ペットのふけなど日常のありふれた物質に対するアレルギーが関わっていることが多いのですが、成人のぜんそくではアレルギーの原因物質が特定できないこともあります。
日頃は何ともなくても、明け方に咳き込んで目が覚める、激しい運動をすると症状が出るといったこともあります。このような症状が繰り返し起これば、ぜんそくの可能性があります。発作がないとぜんそくは治ってしまったように思われるかもしれませんが、ぜんそくの原因となる気管支の炎症は続いています。炎症が続けばいずれまた発作が起こります。日頃から炎症をおさえる治療を行うことが大切です。その治療の主役がステロイドの吸入薬です。その他にぜんそくの重症度に応じて気管支拡張薬とよばれる吸入薬や内服薬を追加することもあります。
慢性閉塞性肺疾患(COPD)
慢性閉塞性肺疾患(COPD:chronic obstructive pulmonary disease)とは、従来、慢性気管支炎や肺気腫と呼ばれてきた病気の総称です。原因はタバコを主とする病気で、中高年に発症する生活習慣病といえます。40歳以上の人口の8.6%、約530万人の患者が存在すると推定されています。喫煙者の15~20%がCOPDを発症します。症状としては歩行時や階段昇降など身体を動かした時に感じる息切れ、慢性のせきやたんなどが特徴的な症状です。長期の喫煙歴があり慢性にせき、たん、労作時呼吸困難があればCOPDが疑われます。確定診断にはスパイロメトリーといわれる呼吸機能検査を行い、同様の障害をきたすその他の疾患を除外できればCOPDと診断されます。COPDは全身の炎症、骨格筋の機能障害、栄養障害、骨粗鬆症などの併存症をともなうことがあります。
COPDの治療は、症状の程度や増悪の頻度を加味した重症度を総合的に判断したうえで行います。喫煙を続けると呼吸機能の悪化が加速してしまいますので、禁煙が治療の基本となります。インフルエンザワクチンや肺炎球菌ワクチンの接種が勧められます。治療として第一に吸入薬が推奨されています。そのほかには呼吸リハビリテーション(口すぼめ呼吸や腹式呼吸などの呼吸訓練・運動療法・栄養療法など)があります。
非結核性抗酸菌症
診断される方が増えてきた非結核性肺抗酸菌症は、結核菌以外の抗酸菌による肺の感染症です。わが国では抗酸菌の8割以上がマック菌、1割がカンザシ菌という菌であり、中高年の女性に多い傾向があります。非結核性肺抗酸菌は土や水などの環境中に存在する菌で、結核菌とは異なり人から人には感染しません。数年から10年以上かけて、ゆっくりと進行することが多いため、初期では無症状のことが多く、進行してくると呼吸器の症状(せき、たん、血痰、息切れなど)や、全身症状(発熱、体重減少)などが出現します。検査では、胸部エックス線や胸部CTで肺に異常な影(多発する粒状影、空洞影、気管支拡張など)がないか調べます。診断にはたんの中に菌が含まれていないか、菌の培養を行います。たんの出ない場合は、気管支鏡を行うことがあります。マック菌が原因と診断されて、症状や肺の影が悪化してくる場合には3剤以上の抗菌薬を、少なくとも1年半ほど飲む必要があります。治療期間は長く、薬の効きにくい方もいます。さらに菌が完全に消えることは稀であり、治療終了後も再発しないか定期的に画像検査を行う必要があります。一方、カンザシ菌は肺結核と同様の治療を行い、同等の効果が期待できます。
肺がん
肺がんは、肺そのものから発生したものを原発性肺がんといい、他の臓器から発生し、肺に転移したものを転移性肺がん、または肺転移と呼びます。早期であれば手術が最も治癒の期待できる治療法ですが、発見された時には進行している場合が多く、手術のほかに放射線治療や抗がん剤治療、さらにこれらを組み合わせた治療が選択されます。全身のがんの中では、最も治療が難しいがんの一つです。
肺がんに特徴的な症状はありませんが、肺がんの種類、発生部位、進行度によって症状は異なります。血痰が続くときは、肺がんを疑う必要があります。
肺がんであることを調べる検査として、CT、たん検査や気管支鏡を用いた細胞検査(病理学的診断)があります。胸水が貯まっている場合は、針を体内に刺して胸水を採取しがん細胞の有無を調べます。肺がんの進行度(がんの広がり)を調べる検査には、全身CT、PET検査、脳MRI、骨シンチが用いられます。以上の検査で、がんの種類(小細胞がんと非小細胞がん)と進行度を明らかにします。進行度は、転移のないものから進行がんまで4段階に分けI期、II期、III期、IV期に分類します。小細胞がんは、発見時にはすでに転移していることが多く、遠隔転移(脳や骨、肝臓、副腎、がん性胸水など:進展型と呼ばれる)がある場合は、抗がん剤治療を行い、遠隔転移がない(胸の中のリンパ節転移までに留まっている:限局型と呼ばれる)場合は、抗がん剤と胸部放射線照射の組合せが用いられます。非小細胞がんは、IA期では手術のみ、IB期から手術可能なIIIB期までは手術後に抗がん剤治療を組み合わせるのが一般的です。負担が軽い胸腔鏡(内視鏡)による手術も広く行われています。何らかの理由で手術ができない場合も、早期であれば定位放射線照射などで手術並みに治すことが可能です。手術が不可能なIIIA、IIIB期では胸部放射線照射と抗がん剤2剤を組合せた併用療法を行います。放射線照射ができないIIIB期、IV期では抗がん剤治療を行います。抗がん剤治療の効果は限られたものでしたが、分子標的治療薬と呼ばれる新しい薬が開発され、人によっては劇的な腫瘍縮小効果と延命効果が得られています。

症状まとめページへ